全国カバー率99%のWIMAXなのにエリア外なのは何故ですか?

■WIMAXのサイトで調べたらエリア外。WIMAXの全国カバー率99%ってどういうこと?

  • 全国カバー率の定義はメッシュ方式
  • 通信エリア内でも周囲に障害物があれば繋がらない場合もある

調べてみると、WIMAXをはじめとするモバイルwifiルーターの全国カバー率は
メッシュ方式という方法で数値がはじき出されています。

メッシュ方式とは、全国を500m四方のメッシュ状に区分して、その半分以上
をカバーしていれば、全域をエリア化したとみなすものです。

つまり500m四方の中のすべての場所が通信エリアになっていなくても、
エリアに含まれていると認定されるため、全国カバー率99%でも通信エリア
に含まれていない場所が多くあるのです。

そして、WIMAXの電波は周波数帯が2.5GHzと高いので、直進性が強く
通信速度が速いのが特徴です。

これは、光回線並みの速度が出て、大容量のファイルもスムーズにダウン
ロードできるというメリットがありますが、高い直進性のために障害物などに
ぶつかりやすく、通信が途絶えやすいというデメリットもあります。

通信エリアに入っている場所なのに、WIMAXの電波は室内では繋がりにくい
のは、このためなのです。WIMAXの電波は鉄筋コンクリートのような網目状に
鉄筋(障害物)が張り巡らされている建物が苦手です。

WIMAXが高速で繋がる都心部でも障害物が周囲に多いと、電波が
届かないことがあります。

■ソフトバンクAIRってつかえる?

  • ソフトバンクAIRは簡単に使えるホームルーター
  • 実際の速度は50Mbps~60Mbps

ソフトバンクAIRは回線工事が不要で、コンセントに繋いで電源を入れたら
すぐに通信が出来るようになるホームルーターです。

パケットの制限もないのでスマホやパソコン、タブレットなどで通信し放題
で、家中の好きな場所でインターネットを利用できます。

ソフトバンクの携帯を持っていると2年間、毎月最大で2,000円の割引が
あります。

AIRターミナルは分割で支払う方が月額が安いのですが、Yahoo1BB基本
サービス(スタンダード)は加入特典を適用すると、月額3,996円となります。

携帯がソフトバンクならそこから2,000円割引をされるので、毎月1,996円
で済むようになります。

かなりお得ですが、実際にソフトバンクAIRを使っている人の口コミを
見てみましょう。

「ソフトバンクAIRはスマホ並みの受信感度です。ネットトレードのために、
24時間安定したインターネット環境が必要な人にいい商品だと思います。
ポケットwifiのように電源のON・OFFでスピーディに起動はできないです」

「通信速度は速い時で50~60Mbps、遅い時で9Mbpsです。安定性は速い
時で20ms、遅い時で80msです」

インターネットサービスは5Mbpsあればすべてのサービスを利用できるので、
遅い時でも十分な速度が出ています。

また、安定性を示すping値は50ms以下が理想ですので、80msはかなり
不安定ですが、WIMAXですと100msにまで達してしまうことも多いので、
ソフトバンクAIRの方がWIMAXよりも使えます。

■ヤフーwifiなら無制限で安定した通信が出来る

  • キャンペーンで月間の通信量の制限がない
  • 月額3,696円で家でも外でも通信が出来る

キャンペーンで月間の通信量の制限がないヤフーwifiならLTE通信で
インターネットに快適に繋がれます。

ヤフーwifiの305ZTという端末のみ月間無制限なのですが、キャリア
アグリケ―ションという2種類の通信を同時に行うことで、高速で安定
した通信を実現できる方法を採用しています。

最大通信速度は165Mbpsですので、ソフトバンクAIRの110Mbpsよりも
高速な通信が出来ます。

ヤフーJAPANのプレミアム会員になれば、月額3,696円で利用することが
出来ます。尚、2年間のみ月間無制限ですので、最低利用期間を更新
する月が来たら、他のモバイルルーターへ乗り換えるか、別の通信方法を
探しましょう。

ソフトバンクAIRは家の中でしか通信をすることが出来ないのですが、
モバイルルーターなら家でも外でも通信をすることが出来ます。

■無制限でも制限の解除は必要

  • 月間7GBを超えると500MBごとに設定をするシステム
  • ヘビーユーザーを出来るだけ減らすのが狙い

調べてみると、ヤフーwifiは月間無制限ですが、月間の通信量が7GBに
なると形だけ制限がかかるシステムになっています。

端末上で設定をすると再び、元の通信速度に戻ることが出来るのですが、
この少し面倒くさいシステムをとることにより、無制限だからと言って、好き
なだけ使ってしまうインターネットのヘビーユーザーを減らすのが狙いです。

また、3日間で1GBという通信制限は通常通りかかりますので、
注意をしてください。

■ヤフーwifiならワイモバイルとソフトバンク、2社の回線を利用できる

ヤフーwifiは、ワイモバイルとソフトバンク、2社の回線を利用して通信を
行っています。ですので、ワイモバイルの通信エリア外でもソフトバンクの
通信エリアに入っていれば、繋がることが出来るのです。

広いエリアで安定した通信を行えるので、どこへでも持っていける
モバイルルーターとしては、とてもいい環境ですね。

■他のモバイル回線サービスのエリアで広いものはどこ?

  • メイン回線とサブ回線を持っているモバイルwifiルーターはエリアが広い
  • 一番通信エリアが広いのはDOCOMO

モバイルwifiルーターの通信エリアについて調べてみると、WIMAX、DOCOMO
そしてワイモバイルはメイン回線とサブ回線を持っていることが分かりました。

メイン回線は通信速度が速いけど、通信エリアが狭いという特徴があり、
サブ回線は通信速度が遅いけど、通信エリアが広いという特徴があります。

この2つの回線を状況に応じて使い分けることによって、快適な通信
サービスを提供しているのです。

モバイルwifiルーターの中でもっとも通信エリアが広いのはDOCOMOです。
DOCOMOはメイン回線にXiというLTEを、サブ回線にFOMAを利用しています。

都市部を中心に通信エリアが広がっているXiは下り最大112.5Mbpsの
高速通信です。サブ回線のFOMAは下り最大3.6Mbps~14Mbpsと少し
スピードが落ちてしまうのですが、ほとんど日本中どこでも使えます。

また、YOUTUBEで超高画質な動画をみるのに必要な速度は約3.5Mbps
ですので、FOMAエリアでもインターネットは十分利用できますね。

DOCOMOの公式サイトの情報では、人口カバー率が100%です。

しかし、人口カバー率100%でもデメリットはあります。DOCOMOの
モバイルwifiルーターは、電話の回線と同じ回線で通信を行っているので、
通話をする人が増える時間帯は通信可能な帯域が圧迫されて通信速度が
落ちてしまいます。

夕方から夜にかけて、パケづまりと呼ばれる状態になりやすいので、
注意をしてください。しかし、これは他の回線を利用しているモバイル
ルーターでも起こることです。ユーザー数が増えれば通信が不安定に
なることはよくあることなのです。

■通信量の制限があるかないかは重要なのか?

  • インターネットヘビーユーザーには重要
  • 月間7GB制限があるルーターでも問題ないこともある

調べてみると、インターネットの通信にはそれぞれのサービスであまり
通信量が必要ないことが分かりました。

例えば、通常の画像が貼ってあるだけのサイトでは1GBで7228ページを
開くことが出来るのです。超高画質の動画を見る場合も1GBの通信量では
約4.7時間観ることができます。

この7倍の量を1ヶ月間で利用できますので、超高画質の動画でも33時間、
つまり1ヶ月を30日とすると1日に1時間前後観ることが出来るのです。

この通信量は一般的なインターネットユーザーには十分な量ですので、
メール、SNS、軽いネットサーフィンがメインというユーザーは月間制限が
あるモバイルwifiルーターも選択肢に入れましょう。

■高速で安定しやすいのはLTE

  • 周波数帯が高くないので電波が建物に回り込みやすい
  • LTE地方の方が通信がスムーズになる

LTEは、DOCOMO、SoftBank、au、ワイモバイルなどのキャリア会社が利用
している通信方法です。周波数帯がDOCOMOでは800MHz~2.1GHzの
5つ、SoftBankは1.5GHz、2GHz、auでは800MHz、1.9GHz、2.1GHz、
ワイモバイルでは1.7GHzという数値の周波数帯を利用して通信しています。

しかし、WIMAXは2.5GHzというかなり高い数値の周波数帯です。

周波数帯が高ければ高いほど、電波は光の特性に似て、通信速度が
速く曲がりにくいため、建物に回り込んで通信をすることが苦手なのです。

一方、LTEなら速度がWIMAX程が速くはないですが、電波が音に近い特性
のため、建物に回り込む安く安定した高速通信が出来るのです。

また、通信が途切れにくいLTEは1つの基地局と呼ばれる通信を発する
施設から出た電波が遠くまで届きやすいので、山奥に住んでいる方や、
地方に住んでいる方にも向いています。

■15時までに申し込みをすれば最短で翌日端末が届きます

  • Yahoo!ウォレットでの決済を利用するので申し込みが楽!
  • 15時までに申し込みをすると翌日に届きます

ヤフーwifiはYahoo!ウォレットでの決済を利用します。
申し込みの手間も省けて、あっという間に手続きが済みます。

また、15時までに申し込みをすると翌日に通信単末が届きますので、
申し込みは速めにするといいですよ。

■月間の通信量の制限がないLTEはヤフーwifiだけ!

  • 3日間で1GBの通信量に気を付けて通信しましょう

LTEには基本的に通信制限があります。
しかし、ヤフーwifiには月間の7GBという通信制限がありません。

これはキャンペーンで契約から2年間は月間の通信制限がなくなると
いうモノですが、3日間で1GBという制限はあります。また、契約から
2年経ったら月間7GBの制限が設けられますので、くれぐれも注意を
してください。

LTEでも無制限で通信できるものもありますので、通信制限が嫌な方、
ヘビーユーザーの方でもLTEがいいでしょう。


WIMAXが不安定。

モバイル回線はどれを選んだら正解?

イラスト




モバイル回線、最近人気ですよね。

主流はWIMAXとLTEのモバイルルーターです。

WIMAXの電波は直進性なので、部屋の中やビルが密集しているところでは障害物に邪魔されて繋がりにくいです。

一方LTEはスマホの電波と同じで、障害物があっても回り込んで遠くまで届きます。
そのため部屋の中や外でもつながりやすいのです。


WIMAX、LTEどちらにすべきか?
どちらを選ぶかは生活スタイルによりますが、部屋の中でメインで使うなら

間違いなくLTEですね。


またカバーエリアがWIMAXよりも広いので田舎でも使えるでしょう。
WIMAXのエリアチェックで△判定だった場合もLTEを選んだほうが無難です。





WIMAXもLTEも通信制限があります。

WIMAXの方が3日で3GとLTEよりは制限は緩いですが、3Gを超えると遅くなると言われています。

3日で3Gを超えたときは1Mbps~5Mbps程度速度がでていましたが
WIMAXでオンラインゲームをしていると、途中でラグが発生していました。



でもヤフーWIFIにしたところ以前よりもラグが少なくなったと感じていますので
やはり安定性(電波のつながりやすさ)が重要かなと思っています。




LTEのモバイルルーター(ポケットWIFI)は色々なものがありますが、
基本的にどれも携帯の電波(LTE)を使っているので速度はさほど変わりません。



会社によって何が違うかというと、キャンペーンなどの特典内容ですね。



特にヤフーWIFIは大体的にキャンペーンを打っていて、月額2000円台
から使えます。



これ以上安いモバイルルーターを見たことはないので、コスパ最強のモバイルルーター
と言っていいでしょう。



実際に私も家の固定回線を解約して、こちらのヤフーWIFIとスマホのテザリングで快適にネットをできています。


スマホの速度制限のために7G超えの追加料金を払う必要も無くなりましたので節約になっています。



 安定性とコスパ重視ならならLTE回線のヤフーWIFI






>>月額2000円台で使えるWifiとは?








 光並みの爆速回線ならWIMAX

ヤフーWIFIと少し高いくらいの料金で、ほぼ制限なく使える回線です。