田舎でインターネットの契約をするならどこの会社がいいの?

■田舎に住んでいる場合、インターネット契約はどうする?

  • 田舎でも繋がるインターネットはADSL
  • フレッツ光は通信エリアが広いので田舎でも対応している場合も!

田舎で生活をしている人がインターネットに接続しようと考えた時に、
どうやってどの会社と契約し、回線を引けばいいのか悩みますよね。

ここでは、田舎でインターネットをする際に向いている通信会社をご紹介
いたします。

まず、田舎のインターネット会社と言えば通話回線を利用して通信を行う
ADSL回線です。これは光回線の通信エリア外となっているような田舎
でも問題なく通信をすることが出来ます。

自宅にあらかじめ設置してある通話回線を利用してインターネットに繋がる
ので、通信できない地域がまずないのです。

しかし、基地局と呼ばれる通信を発する施設の設置場所から自宅までの
距離が遠ければ遠いほど、通信速度が遅くなります。

また、通話回線を使って通信をするので通話をする人が増える時間帯は
通信速度が落ちたり、家電製品の電波の影響を受けたりします。

ADSLの通信速度は1Mbps~50Mbpsくらいまでのプランがあるのですが、
インターネットサービスをすべて利用するのに必要な速度は5Mbpsです。

モアプランという12Mbps出るプランで問題なく通信は出来ます。
月額2,430円でプロバイダ料金はniftyだと月額1,250円合計で
月額4,170円となります。

初期費用は電話回線と共有しない場合は3,000円、電話回線と共有する
場合は3,850円となります。

しかし、フレッツ光なら通信エリアが広いので田舎でも対応している地域が
あるます。詳しくは公式サイトをみて、自分の住んでいる地域が対応して
いるかチェックしてみましょう。

■フレッツ光が非対応の地域とは?

  • フレッツ光の公式サイトで検索できます!
  • 光回線と電話回線の必要性の違い

調べてみると、フレッツ光の公式サイトには通信エリアを検索できるページ
があります。自分の住所を入力して検索をしてみてください。

そして、フレッツ光に対応していない地域があるのは光回線が電話回線に
比べて、普及しにくいことにあります。光回線が電話回線に比べて普及して
いない原因は、生活の上での必要性が低いのです。

災害時のライフラインとしての役割を持っている電話回線は利用申し込み
の割合などに関係なく設置されますが、光回線の場合は利用申し込みの
多いエリアが優先で設置されます。

光回線の通信エリアになるためには利用申し込みを増やす必要が
ありますが、嘆願書を出すことも出来ます。

しかし、これらの方法は時間がかかってしまいますので、個人でできる
簡単な方法でインターネット環境を整えましょう。田舎で個人でインター
ネットをつなぐ方法はモバイルwifiルーターが最も簡単です。

■光回線が通っていない地域ではモバイルwifiルーターが便利

  • 通信エリアに含まれていれば固定回線のように繋がれる
  • 田舎では通信が安定しやすいLTE対応が向いている

調べてみると、田舎でインターネット環境を整える方法としてモバイルwifi
ルーターを使っている人がとても多くいます。

固定回線のように安定した通信が出来るモバイルwifiルーターが多く、
通信エリアに入ってさえすれば、問題なくインターネットに繋がれるのです。

モバイルwifiルーターの大きな特徴としては、設置工事や手続きなどが
一切必要なく、プロバイダの公式サイトから簡単に申し込むことが
出来ることです。

申し込みから数日で端末が届き、簡単に済む設定を行うだけで、
すぐに通信が出来るようになります。無線でインターネットに繋がる
ので、家でも外でも通信が出来ます。

モバイルwifiルーターにはWIMAXとLTEがありますが、LTEの方が一つの
基地局から発信される電波が広範囲に届きやすいので、地方での通信
に適しています。

■LTEにも無制限のプランはあります

  • ヤフーwifiは月間の通信量の制限がない
  • キャンペーンなので期限があります

LTEのモバイルwifiルーターには基本的に月間7GBという通信量までの
制限がかけられています。しかし、ヤフーwifiでは現在、キャンペーンを
行っていて、月間無制限で利用することが出来ます。

月額3,696円で端末代は0円、初期費用は3,000円です。無制限なのは
キャンペーンですので、契約は速めにしましょう。

■WIMAXでは、電波が届かないこともある!

  • 山奥や電波を遮断するものが多いところでは繋がりにくい
  • 無制限でも通信が不安定ではストレスを感じる

WIMAXは無制限で利用できるモバイルwifiルーターですので、人気を
集めているのですが、電波の直進性が強く障害物などがあるとぶつ
かってしまい、通信が途絶えてしまうことが多いのです。

田舎では山や森などの自然が多く、電波の妨げとなりますので、
電波が曲がって障害物をよけるLTEの方が向いています。

また、WIMAXがどんなに無制限でも通信が不安定ではストレスを感じて
しまいますので、無制限であることよりも通信が安定しやすいかどうかで
モバイルwifiルーターを決めるようにしましょう。

■田舎でも繋がるのはWIMAX、LTEどっち?

  • 田舎でも繋がりやすいのはLTE
  • その理由は周波数帯の数値が1.7GHzと低いため

調べてみると、モバイルwifiルーターを田舎で利用している人はとても
多いことが分かりました。また、光回線が通っていない田舎では固定
回線でインターネット環境を整えるとなるとADSL回線しかないのです。

ADSL回線は一昔前のインターネット回線で通話回線を利用して通信を
行います。電話回線があれば設置できるのですが、通信速度はかなり
遅く、不満を感じる人は少なくありません。

モバイルwifiルーターであれば通信エリアに入っていると、光回線と
そん色ないような通信環境でインターネットが出来るので、人気なのです。

モバイルwifiルーターにはWIMAXとLTEがありますが、それぞれの電波には
違いがあります。

まず、WIMAXは周波数帯が2.5GHzとかなり高く電波が直進する力が強い
ので建物や障害物に回り込んで端末へ届くということが難しいのです。

LTEなら、ワイモバイルだと1.7GHzと周波数帯が高くないので、建物や
障害物があっても回り込んで端末まで届きます。

周波数帯が低いために通信が途切れにくく、安定してインターネットに
繋がることが出来るのです。

田舎ではLTEの方が繋がりやすく、安定しやすいのでLTEを
検討してみてください。

■220Mbps出るWIMAX!しかし、実際の通信速度は?

  • 実際の速度は40Mbps~60MbpsとLTEとほとんど変わらない
  • 最大値の速度は参考程度に考えましょう

WIMAXは最大値の通信速度は220Mbpsとかなり高速です。
LTEはワイモバイルだと最大値が165Mbpsですので、大きな開きがあります。

ですが、実際にWIMAXを利用しているユーザーの口コミを見てみると、
通信速度は40Mbps~60Mbpsというモノが多く、最大値の220Mbps
どころか、100Mbpsを超えている口コミさえ、めったに見られません。

これは、WIMAXの最大値220Mbpsの速度が出るための環境が
整っていないところで通信をしているため、最大値に大きく届かない
速度での通信となるのです。

WIMAXの最大値の速度が出るためには基地局の近くで通信を行い
電波を遮るものが何もない状態で通信をする必要があります。

しかし、どこでも通信できるモバイルwifiルーターなので基地局の近く
以外で通信をする機会の方が圧倒的に多いのです。

つまり最大値の通信速度はまず出ることがないものなのです。
モバイルewifiルーターを決める時の参考程度に考えて、決め手
にするのはやめましょう。

また、WIMAXでなくてもLTEでも同じことが言えます。WIMAXの実際の
速度は40Mbps~60Mbps、LTEもほとんど変わらないくらいの速度です。
ただ、繋がりやすさはLTEの方が上ですので、田舎での通信に適しています。

■月間無制限のヤフーwifiは形だけの制限がかかる

  • 月間無制限だけど、7GBに達すると制限がかかり解除申し込みが必要
  • 3日間で1GBの制限を含めてヘビーユーザーをへらすため

LTEのモバイルwifiルーターは月間7GBという通信量の制限があるものが
ほとんどです。しかし、ヤフーwifiには月間の制限がなく、前日までの
3日間1GB以上通信をしなければ制限をしないものがあります。

しかし、この制限をしないというのは、追加料金なしで制限を解除できると
いう意味で、事実上、通信制限はかかります。ですが、端末から申し込み
をすれば制限が無料で解除されるのです。

なぜ、このような仕組みかというと、この形だけの制限があるおかげで
インターネットのヘビーユーザーを制御することが出来るのです。少し
面倒な手間があれば使いすぎることを防げます。

また、前日までの3日間1GB以上の通信をすると制限がかかります。
こちらの制限は形だけではなく、翌日の6時まで速度が128kbpsとなります。

これは通信回線の品質を保つために必要なものなのです。本当に無制限
で全てのユーザーが通信をしてしまうと、回線が混雑して通信できなくなって
しまいます。それを防ぐために制限があるのです。

■WIMAXの基地局は都市部に集中している

WIMAXなどのモバイルwifiルーターは基地局と呼ばれるところから電波を
発信してそれぞれの端末に繋がっています。その基地局がWIMAXは
都市部に集中しているのです。

東京都内では至る所にあるWIMAXの基地局が地方では全くなく、
通信エリアに入っていないということはよくあります。LTEは都市部
でも地方でもバランスよく基地局が張り巡らされているので、安定
した通信が可能です。

■ヤフーwifiは15時までに申し込めば翌日に端末が届く!

ヤフーwifiは、15時までに申し込みをすると翌日に端末が届きます。
どうしても早急にインターネット環境が必要な場合はクレジットカード
払いで15時までにヤフーwifiの公式サイトから申し込みをしてください。

ヤフーwifiは端末送料が無料です。また、ワイモバイルとソフトバンク2社の
回線を利用することが出来るので、広い通信エリアでスムーズにインター
ネットに繋がることが出来ます。


WIMAXが不安定。

モバイル回線はどれを選んだら正解?

イラスト




モバイル回線、最近人気ですよね。

主流はWIMAXとLTEのモバイルルーターです。

WIMAXの電波は直進性なので、部屋の中やビルが密集しているところでは障害物に邪魔されて繋がりにくいです。

一方LTEはスマホの電波と同じで、障害物があっても回り込んで遠くまで届きます。
そのため部屋の中や外でもつながりやすいのです。


WIMAX、LTEどちらにすべきか?
どちらを選ぶかは生活スタイルによりますが、部屋の中でメインで使うなら

間違いなくLTEですね。


またカバーエリアがWIMAXよりも広いので田舎でも使えるでしょう。
WIMAXのエリアチェックで△判定だった場合もLTEを選んだほうが無難です。





WIMAXもLTEも通信制限があります。

WIMAXの方が3日で3GとLTEよりは制限は緩いですが、3Gを超えると遅くなると言われています。

3日で3Gを超えたときは1Mbps~5Mbps程度速度がでていましたが
WIMAXでオンラインゲームをしていると、途中でラグが発生していました。



でもヤフーWIFIにしたところ以前よりもラグが少なくなったと感じていますので
やはり安定性(電波のつながりやすさ)が重要かなと思っています。




LTEのモバイルルーター(ポケットWIFI)は色々なものがありますが、
基本的にどれも携帯の電波(LTE)を使っているので速度はさほど変わりません。



会社によって何が違うかというと、キャンペーンなどの特典内容ですね。



特にヤフーWIFIは大体的にキャンペーンを打っていて、月額2000円台
から使えます。



これ以上安いモバイルルーターを見たことはないので、コスパ最強のモバイルルーター
と言っていいでしょう。



実際に私も家の固定回線を解約して、こちらのヤフーWIFIとスマホのテザリングで快適にネットをできています。


スマホの速度制限のために7G超えの追加料金を払う必要も無くなりましたので節約になっています。



 安定性とコスパ重視ならならLTE回線のヤフーWIFI






>>月額2000円台で使えるWifiとは?








 光並みの爆速回線ならWIMAX

ヤフーWIFIと少し高いくらいの料金で、ほぼ制限なく使える回線です。