ギガ放題プランでもWIMAXには速度制限があるって本当?

■WIMAXはギガ放題プランでも速度制限あり?

  • WIMAXのギガ放題プランの通信制限はau 4G LTE
  • 速度の制限がないのはノーリミテットモードだけ

調べてみると、WIMAXのギガ放題プランはこのような仕組みでした。

「UQ Flat ツープラス ギガ放題」はハイスピードモードのWIMAX2+に
おいて月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限がありません。

しかし、au 4G LTEのハイスピードエリアモードには月間7GBの制限があり、
この制限を超えた後はWIMAX2+のハイスピードモードでも月間7GBの
制限が適応されてしまいます。

WIMAXのノーリミテットモードでは、au 4G LTEのモードで通信制限が
かかったあとでも制限は発生しません。

また、通信の品質確保のためにWIMAX2プラスとau 4G LTEの3日間の
通信量の合計が3GBになった場合は翌日にかけて制限を行います。

このように、3つの通信モードで完全に無制限で利用できるわけでは
ないのです。

100%制限がかからず好きなだけ使えるのはWIMAXのノーリミテットモード
のみとなっています。ノーリミテットモードは通信速度が10Mbps前後までと
とても遅いのですが、動画を見ることはできる通信速度です。

■月間7GBの通信量の制限はどうして必要なのか?

  • 月間7GBの制限がないと回線がパンクしてしまうため
  • 一定の料金を支払うのでユーザーの平等化を図るため

WIMAXのようなモバイルwifiルーター、スマホなどの無線通信機器には
月間7GBまでという通信量の制限があります。

しかし、なぜ制限が必要なのでしょうか?調べてみました。
月間の通信量の制限がないと一部のインターネットヘビーユーザーが
大量のデータ通信をして回線を占領してしまう形になります。

こうなってしまうと同じ料金を支払って、その回線を利用している他の
ユーザーが通信をおこなうのに支障をきたしてしまうのです。

そうした事態を防ぐために、月間7GBという制限が設けられています。
WIMAXでも完全に無制限なのはWIMAXのノーリミテットモードのみ、
つまりあまり高速ではなく回線だからこそ、無制限に出来るのです。

しかし、なぜ月間の通信制限は7GBなのでしょうか?それは、ほとんど
のユーザーが不便なく使える通信量に少し余裕を持たせた数値が7GB
だからです。

毎日、ネットサーフィンと動画閲覧を1時間づつして、メールの送受信を
10通、それ以外にSNSを更新して地図などを利用し、アプリを数回したら、
1ヶ月でおよそ7GBに到達します。

つまり、一般的なユーザーには引っかかることがない制限です。
同じ料金を支払い、同じように快適に通信が出来るようにすべての
ユーザーの通信環境のための制限なのです。

■ノーリミテットモードよりも高速に通信できる無制限ルーターは?

  • LTE対応のヤフーwifiはキャンペーンで月間無制限
  • 高速で安定した通信が出来る

調べてみると、LTE対応のヤフーwifiは月間7GBという通信料の制限が
本来はあります。しかし、今ならキャンペーンで月間無制限で利用する
ことが出来るので、とてもお得です。

月額は3,696円のままで3日間で1GBの通信量を越えなければ、
通信が制限されることはありません。

LTE対応の月間無制限の端末は305ZTという商品なのですが、キャリア
アグリゲ―ションという通信方法を採用しており、2種類の電波を同時に
送ることで高速で安定しやすい通信を実現しています。

WIMAXの電波は1種類のみで通信を行うので、WIMAXよりも繋がり
やすいのが特徴です。

■キャンペーンが終了する時期はいつごろ?

ヤフーwifiの305ZT月間無制限のキャンペーンは2015年6月30日
までに契約をした人限定となっています。

しかし、このキャンペーンは予告なく終了する場合もありますので、契約の
際はしっかりキャンペーンがまだ適応されるかどうかを確認してから契約
しましょう。

また、契約前にヤフーウォレットに登録していること、日本国内に住んで
いること、2015年7月31日までに回線契約が成立していることなどが
条件です。

■ヤフーwifiの3日間で1GBという通信制限はどれくらい通信すると引っかかる?

ヤフーwifiは月間7GBしかし3日間で1GBという回線の通信品質を確保するための
制限があります。それは守らなければなりません。1GBという量は以下のような
通信が出来ます。

メール 約267万通
通常のサイト 約7228ページ
超高画質動画 約4.7時間
音楽のダウンロード 約255曲

3日間でこれだけの通信が出来れば一般的なユーザーは十分な通信量です。
ヘビーユーザーは通信のし過ぎに注意をしながら使いましょう。

3日間で1GB通信できるということは1ヶ月間を30日間とすると10GB
通信することが出来るのです。他のLTEモバイルWIFIルーターは月間
7GBですので、3GB多く通信出来てお得ですね。

■3日間で3GBってどれくらいで達するレベル?

  • 3GBの通信量の目安
  • 一般的なユーザーには問題の無い通信制限

モバイルwifiルーターにはWIMAXでもLTEでも通信制限があります。

WIMAXの「UQ Flat ツープラス ギガ放題」はWIMAX2+とau 4G LTEの
合計の通信量が3日間で3GB以上になると、制限がかかり速度が著しく
落ちてしまいます。

3日間で利用できる3GBという通信量はどれくらいなのでしょうか?
調べてみると、具体的な目安が出てきました。

メール 約801万通
通常のサイト 約2168ページ
超高画質動画 約14.7時間
音楽ダウンロード 約765曲

3日間でこれだけの通信が出来るということは1日に換算すると
メールは約267万通、通常のサイトは約7228ページ、超高画質動画は
約4.7時間、音楽ダウンロードは約255曲利用することが出来るのです。

他のモバイルwifiルーターは3日間で1GBという通信制限が多いので、
かなり緩い通信制限で余裕のある通信量と言えます。

■不安定になりやすいWIMAXの電波

  • WIMAXの周波数帯が高いので通信が途絶えやすい
  • LTEの方が安定性が高いのでストレスを感じない

WIMAXの「UQ Flat ツープラス ギガ放題」はWIMAX2+とau 4G LTEの
通信量の合計が3日間で3GBという制限があります。

この制限があったとしてもノーリミテットモードがある上にギガ放題なら
WIMAX2+は通信制限がありません。

高速な通信を無制限に使えて、とても便利な印象を受けますが、実は
WIMAXの電波は途絶えやすいのです。

その原因は、WIMAXの周波数帯にあります。WIMAXの周波数帯は2.5GHz
とかなり高いので直進性が強く建物があっても回り込んだりできません。

外壁にぶつかってしまい、通信が途絶えてしまうのです。通信の安定性を
表すping値は50ms以下でないと電波が安定しないのですが、WIMAXの
ユーザーの口コミを見ていると、100ms前後とかなり高い数値です。

どんなに高速で無制限に使える回線でも不安定で繋がりにくくては意味が
ありません。

LTEという通信回線のモバイルwifiルーターなら、周波数帯が低くて安定
しやすいです。LTEは複数の会社が利用しているのですが、ワイモバイル
という会社の場合、1.7GHzという周波数帯です。

低い周波数帯なので速度はWIMAX程は出ないものの、電波が建物
などに回り込んで届くので通信が途絶えにくく安定性がスマホ並み
に高いです。

LTEのユーザーの口コミを見てみると、ping値は30msとかなり低く通信が
安定する数値である50ms大きく下回っています。

繋がりやすくストレスを感じないLTEの方が便利に使えますよ。

■キャンペーンで無制限のヤフーwifiは月額3,696円

  • 今なら月間無制限で利用できるヤフーwifi
  • ワイモバイルとソフトバンク2社の回線を利用できる

ヤフーwifiは本来なら月間7GBという通信制限があるのですが、月間
無制限で利用できるキャンペーンを開催してます。

月額3,696円で3日間で1GBの通信制限以外の制限はなく、最大で
月間10GB利用することが出来ます。

ヤフーwifiは、ワイモバイルとソフトバンク2社の通信回線を利用できるので、
通信エリアはとても広く、繋がらない状態になることはめったにありません。

ワイモバイル、ソフトバンク4G、ソフトバンク4G LTEの3つの通信エリアを
利用してインターネットに繋がることが出来るのです。

■室内でも繋がるので固定回線の変わりに十分なる

  • LTEは固定回線の代わりに使える

LTEはスマホ並みの通信の安定するので、光回線などの固定回線の
代わりとしても十分利用できます。LTEに乗り換えをしたユーザーの話
では、LTEに乗り換えたことにより、このようなメリットがあったそうです。

  • ごちゃごちゃしていた配線がスッキリして掃除が楽になった
  • 家の中で使えて、旅行などにも持っていけるので利便性が高くなった
  • 月額の利用料金の節約になった

光回線に比べるとLTEのモバイルwifiルーターは速度が遅いのですが、
問題なくすべてのインターネットサービスを利用出来ているようです。

光回線は月額の利用料金が高額ですが、モバイルwifiルーターは月額の
料金が安く工事も手続きも不要ですぐに利用し始めることが出来ます。

通信費を節約しながら、便利に使うことが出来るのです。

■通信の安定性の高さではLTEの方がWIMAXよりも上

  • 繋がりやすさを重視してモバイルwifiルーターは決めましょう

WIMAXの方がLTEよりも通信料で勝っています。WIMAXに加え、WIMAX2+も
条件付きではありますが、事実上通信は無制限です。

LTEは3日間で1GBという通信料の制限があるのですが、通信の安定性
はWIMAXよりもLTEの方が遥かに高いです。

モバイルwifiルーターは無線での通信ですので、通信の安定性は何よりも
大切なのです。安定する通信のLTEのほうが繋がりやすいので利便性が
高いです。


WIMAXが不安定。

モバイル回線はどれを選んだら正解?

イラスト




モバイル回線、最近人気ですよね。

主流はWIMAXとLTEのモバイルルーターです。

WIMAXの電波は直進性なので、部屋の中やビルが密集しているところでは障害物に邪魔されて繋がりにくいです。

一方LTEはスマホの電波と同じで、障害物があっても回り込んで遠くまで届きます。
そのため部屋の中や外でもつながりやすいのです。


WIMAX、LTEどちらにすべきか?
どちらを選ぶかは生活スタイルによりますが、部屋の中でメインで使うなら

間違いなくLTEですね。


またカバーエリアがWIMAXよりも広いので田舎でも使えるでしょう。
WIMAXのエリアチェックで△判定だった場合もLTEを選んだほうが無難です。





WIMAXもLTEも通信制限があります。

WIMAXの方が3日で3GとLTEよりは制限は緩いですが、3Gを超えると遅くなると言われています。

3日で3Gを超えたときは1Mbps~5Mbps程度速度がでていましたが
WIMAXでオンラインゲームをしていると、途中でラグが発生していました。



でもヤフーWIFIにしたところ以前よりもラグが少なくなったと感じていますので
やはり安定性(電波のつながりやすさ)が重要かなと思っています。




LTEのモバイルルーター(ポケットWIFI)は色々なものがありますが、
基本的にどれも携帯の電波(LTE)を使っているので速度はさほど変わりません。



会社によって何が違うかというと、キャンペーンなどの特典内容ですね。



特にヤフーWIFIは大体的にキャンペーンを打っていて、月額2000円台
から使えます。



これ以上安いモバイルルーターを見たことはないので、コスパ最強のモバイルルーター
と言っていいでしょう。



実際に私も家の固定回線を解約して、こちらのヤフーWIFIとスマホのテザリングで快適にネットをできています。


スマホの速度制限のために7G超えの追加料金を払う必要も無くなりましたので節約になっています。



 安定性とコスパ重視ならならLTE回線のヤフーWIFI






>>月額2000円台で使えるWifiとは?








 光並みの爆速回線ならWIMAX

ヤフーWIFIと少し高いくらいの料金で、ほぼ制限なく使える回線です。