メールアドレスがもらえるWIMAXのプロバイダはどこですか?

■メールアドレスがもらえるWIMAXのプロバイダはどこ?

  • メールアドレスがもらえるプロバイダは3つ!
  • もっともメールアドレスが多いのはとくとくBB

モバイルwifiルーターによっては契約をするとメールアドレスがもらえる
のですが、WIMAXのように同じ回線でもプロバイダによってもらえるか
どうかは違う場合があります。

WIMAXのプロバイダでメールアドレスをもらえのは、GMOとくとくBB、
BIGLOBE、niftyの3社のみでWIMAXの本家であるUQ WIMAXをはじめ
とする他のプロバイダではメールアドレスの提供はありません。

GMOとくとくBB、BIGLOBE WIMAX、nifty、この3つのプロバイダの中で
もっとも多くメールアドレスがもらえるのはどこなのでしょう。
調べてみました。

まず、とくとくBB WIMAXでは基本のメールアドレス1個と、無料で14個の
メールアドレスを利用することがでいます。家族全員で2・3個ずつアドレス
を持つこともできますので、便利ですね。

そして、BIGLOBE WIMAXではベーシックコースに加入するとメールアドレス
を1個使えるようになります。

niftyは1つのメールアドレスを提供してもらえますし、WIMAXを解約後も
nifty会員料金を支払えば利用し続けることができます。

このように、メールアドレスをもらえるWIMAXのプロバイダの中では
とくとくBBがもっとも多い合計15個のメールアドレスを利用できます。

また、BIGLOBE、niftyではデータBOX容量は5GBまでなのに対して
とくとくBBはデータBOX容量は無制限となります。

■フリーメールを使うという方法もあります!

  • フリーメールとは無料で使えるメールサービス
  • 大手の会社のものが安全性が高い

WIMAXの契約で無料でメールアドレスがもらえるのは、とてもお得ですが、
実はメールアドレスを無料で貰う方法は他にもあるのです。

Yahoo!メールやGメールをはじめとするフリーメールなら無料でアドレスを
増やすことが出来ます。

マイクロソフトならHotmailなどもありますが、Hotmailはプラウザー上で
メールを見るウェブメールです。

Yahoo!メールや、gooのフリーメールなどはプラウザーで見るウェブメールと
通常のメールソフトで受信できるPOPメールの両方で見ることが出来るよう
になっています。

フリーメールの最大のメリットはもちろん、無料であることですが、デメリット
はセキュリティーが甘いということです。重要な内容のメールはフリーメール
でしないようにしてください。

また、会社やプロバイダとは別でメールアドレスを持っていれば会社の
メールサーバーがダウンした時に使えますが、文字数や添付ファイルの
データ量に制限があるというデメリットもあります。

■ヤフーwifiなら無制限で通信できる

  • ヤフーメールを使えて月間無制限で通信可能
  • メールボックスの容量が無制限に増量される

月間無制限のモバイルwifiルーターと言えば、WIMAXというイメージかと
思いますが、WIMAX以外にも月間無制限のモバイルwifiルーターはあります。

ヤフーwifiはLTE対応ですが、305ZTという端末に限りキャンペーンで
月間の通信量を無制限にしています。

また、ヤフープレミアム会員になることが条件なのですが、ヤフープレミアム
会員になると無料メールが使える他、メールBOXの容量が無制限になり、
ヤフーBOXに保存できるメールの容量も増えます。

通常のヤフーBOXは5GBまでの容量なのですが、プレミアム会員の場合は、
10倍の50GBまで利用することが出来るのです。

月額3,696円で利用できる端末・305ZTに乗り換えてみてもいいかも
しれません。

■3日間で1GBという通信制限はどれくらいで達するのか

  • 1GBの目安は超高画質動画 約4.7時間分

ヤフーwifiには月間の制限がありません。しかし3日間で1GBという通信
制限はあります。これは帯域制御の運用に関するガイドラインに基づいた
もので、通信回線の品質確保のための制限です。

この1GBという通信料の目安は以下のとおりです。

メール 約267万通
通常サイト 約2168ページ
超高画質動画 約4.7時間
音楽のダウンロード 約255曲

つまり、1日に換算すると1時間くらいネットサーフィンをして、1時間くらい
超高画質動画を見て、SNSを更新したり、アプリをダウンロードしたりと
通常の通信量の範囲でインターネットを利用していれば問題なく使えます。

通常のインターネットのユーザーは制限の対象とならないように余裕を
持って課せられている制限なのです。

■セキュリティをしっかり設けましょう

  • メールアドレスを増やすとそれだけ迷惑メールが来る確率が上がる

メールアドレスを増やすことで、仕事のメールとプライベートのメールアドレス
を分けることが出来たり、用途に合わせて使い分けたりすることが出来ます。

しかし、メールアドレスを所有している数が増えればそれだけ、危険も
増すということを頭に入れておきましょう。迷惑メールなどの対策のため
に、パソコンのウイルス・ソフトを有効にしたり事前にセキュリティを強化
しておくとトラブルが起きません。

■フリーメールと有料メールのメリット・デメリット

  • フリーメールのメリット・デメリット
  • 有料メールのメリット・デメリット

私たちの生活にとって、なくてはならない存在のメールサービス。
メールアドレスを複数所有していることも当たり前になって来ました。

WIMAXのようにモバイルwifiルーターを契約するとメールアドレスが
もらえたり、光回線のように契約するとメールアドレスがもらえたりと、
通信サービスを契約するとメールアドレスがもらえる場合も多くあります。

また、ヤフーメールやGメールなどのフリーメールなどもあり、さまざまな
場所でメールアドレスが取得できるようになっていますが、このフリー
メールのメリット・デメリットはなんなのでしょうか?

調べてみた結果がコチラです。

フリーメール メリット

  • 迷惑メールがパソコンを圧迫したり、ウイルスメールの感染の恐れがなくなる
  • Gメールやヤフーメールはサイト上でウイルススキャンを行ってくれる

フリーメールのデメリット

  • 届いたメールを保存するサーバーのセキュリティが緩い
  • 誰でも所得出来るので信用性が低くなる

一方の有料メールのメリット・デメリットはなんなのでしょうか?
みていきましょう。

有料メールのメリット

  • 通信の安定性を示す値ping値が30ms以下の国内サーバーが多い
  • 有料のメールアドレスは社会的信頼が高い

有料メールのデメリット

  • メールアドレスの維持費が高いこと

このように、フリーメールは誰でも簡単に無料で所得出来る分、信頼性は
低くセキュリティも緩いのです。有料メールは通信が安定していて、信頼性
も高い反面、メールアドレスの維持費が高いというデメリットがあります。

■フリーメールと有料メールの一覧

  • フリーメール一覧
  • 有料メール一覧

では、フリーメールと有料メールのメリット・デメリットが分かったところで
フリーメールと有料メール、それぞれの一覧を紹介いたします。

フリーメール一覧

Yahoo!メール
Gmail
Exciteメール
AOIメール
BIGLOBEメール
Zohoメール
ZENNOコム
Smoug Mail

有料メール一覧

nifty
朝日ネット
OCN

このようにフリーメールアドレスの方が大幅に数が多いことが分かりました。
nifty、朝日ネット、OCNはフレッツ光のプロバイダとしても人気の会社
ですので、信頼度が高くセキュリティも万全です。

■信頼度の高いフリーメールの方がよい

  • フリーメールでも知名度のある会社ならセキュリティもしっかりしている
  • 無料なので維持費の心配がない

フリーメールか有料メールか、どちらかでとても迷うかと思いますが、
迷った場合はフリーメールが良いでしょう。しかし、フリーメールなら
どこの会社でも良いというわけではありません。

Yahoo!メールやGメールなどの知名度の高いメールサービスを利用する
ようにしてください。有料のメールアドレスは維持費もかかりますので、
お金の心配がなくセキュリティも万全なフリーメールを選ぶようにしましょう。

フリーメールはプラウザでメールを見れるタイプとプラウザでもメールソフト
でも見られるタイプがありますが、両方で見られた方が便利です。Yahoo!
メールやGメールは両方でみられるタイプなので、経済的で安全で利便性
も高いですよ。

■ヤフープレミアム会員になると無制限の容量BOXが利用できる

  • 通常10GBまでのメールBOXが無制限で利用できる
  • ヤフーBOXに50GBまで添付ファイルを保存できる

調べてみると、ヤフープラミアム会員に登録すると通常は10GBまでの
メールBOXが無制限で利用できるようになります。大切なメールは出来る
限り保存しておきたい場合にピッタリです。

また、受信したメールに添付されていたファイルは通常は5GBまでのところ、
ヤフープレミアム会員になると50GBまで利用することが出来るのです。

■ヤフーwifiは月間の通信制限なしで使えるモバイルwifiルーター

  • ヤフーwifiはLTE対応のモバイルwifiルーター
  • 3日間で1GBの通信制限はあります

ヤフーwifiは、月間の通信量の制限がなく気兼ねなくインターネットを利用
することが出来ます。しかし、通信回線の品質確保のために、3日間で1GB
という通信制限は残ります。

この制限を守れば後は自由に通信することが出来るのです。他のLTE対応
のモバイルwifiルーターは月間7GBという通信制限があります。

ヤフーwifiは3日間で1GBですので、月間10GBも通信をすることが出来る
のです。この数値がかなり余裕を持ってインターネットに繋がれる通信量です。

ヤフープレミアム会員になると月額3,696円で利用できます。無料の
メールアドレスがヤフープレミアム会員になるとついてくるので、この
機会にモバイルwifiルーターの乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか?


WIMAXが不安定。

モバイル回線はどれを選んだら正解?

イラスト




モバイル回線、最近人気ですよね。

主流はWIMAXとLTEのモバイルルーターです。

WIMAXの電波は直進性なので、部屋の中やビルが密集しているところでは障害物に邪魔されて繋がりにくいです。

一方LTEはスマホの電波と同じで、障害物があっても回り込んで遠くまで届きます。
そのため部屋の中や外でもつながりやすいのです。


WIMAX、LTEどちらにすべきか?
どちらを選ぶかは生活スタイルによりますが、部屋の中でメインで使うなら

間違いなくLTEですね。


またカバーエリアがWIMAXよりも広いので田舎でも使えるでしょう。
WIMAXのエリアチェックで△判定だった場合もLTEを選んだほうが無難です。





WIMAXもLTEも通信制限があります。

WIMAXの方が3日で3GとLTEよりは制限は緩いですが、3Gを超えると遅くなると言われています。

3日で3Gを超えたときは1Mbps~5Mbps程度速度がでていましたが
WIMAXでオンラインゲームをしていると、途中でラグが発生していました。



でもヤフーWIFIにしたところ以前よりもラグが少なくなったと感じていますので
やはり安定性(電波のつながりやすさ)が重要かなと思っています。




LTEのモバイルルーター(ポケットWIFI)は色々なものがありますが、
基本的にどれも携帯の電波(LTE)を使っているので速度はさほど変わりません。



会社によって何が違うかというと、キャンペーンなどの特典内容ですね。



特にヤフーWIFIは大体的にキャンペーンを打っていて、月額2000円台
から使えます。



これ以上安いモバイルルーターを見たことはないので、コスパ最強のモバイルルーター
と言っていいでしょう。



実際に私も家の固定回線を解約して、こちらのヤフーWIFIとスマホのテザリングで快適にネットをできています。


スマホの速度制限のために7G超えの追加料金を払う必要も無くなりましたので節約になっています。



 安定性とコスパ重視ならならLTE回線のヤフーWIFI






>>月額2000円台で使えるWifiとは?








 光並みの爆速回線ならWIMAX

ヤフーWIFIと少し高いくらいの料金で、ほぼ制限なく使える回線です。