ヤマダ電機でWIMAXの解約手続きを行うにはどうすればいい?

■ヤマダ電機WIMAXの解約手続き

  • WIMAX解約には来店が必要となります
  • 解約料は料金プランによって違うので気をつけましょう

WIMAXはプロバイダの公式サイトでオンラインでも契約できますが、
ヤマダ電機のような家電量販店でも契約をすることができます。

また、解約の手続きはそれぞれの契約方法によって異なります。
それぞれの解約方法について調べた結果がコチラです。

プロバイダの公式サイトで契約をした場合、解約する時は解約の
申請書をサポートセンターへ送り、解約手続きを進めていきます。

しかし、家電量販店で契約をした場合はヤマダ電機ならヤマダ電機
の店舗へ出向く必要があります。

契約をした店舗でなくても問題ないのですが、インターネット上での
解約手続きは行っていませんので、注意をしてください。

ヤマダ電機でのWIMAX解約手続きには以下のものが必要となります。

運転免許証、パスポートなどの本人確認書類
申込書の控えなどの契約管理IDが分かる書類

本人以外の家族などの代理人では解約手続きが行えません。
必ず、本人が近くのヤマダ電機へ出向いてください。

解約料金は料金プランによって違います。

YAMADA Flat 年間パスポート(特約適用)
契約1年目 9,500円 契約2年目 5,000円

YAMADA Flat 年間パスポート(特約なし)
契約1年目 5,000円

YAMADA Flat / YAMADA Step
契約から30日間以内の場合 2,000円

YAMADA Flatプラス
契約1年目・2年目 9,500円

WIMAXの大元の会社であるUQ WIMAXの公式サイトで契約し、解約
手続きを行うと契約1年目は19,000円、2年目は14,000円、
3年目以降は9,500円かかります。

家電量販店でもプロバイダでも契約更新月以外の解約には違約金が
かかります。プロバイダよりも家電量販店の方が違約金が少ないのですが、
月額の利用料金はプロバイダの方が安いです。

■違約金を支払わない場合、どうなる?

  • 店舗での解約手続きなので違約金を支払わないで解約はできない
  • 違約金を支払いたくない場合は契約更新月に解約をしましょう

違約金を支払わずにWIMAXを解約することが出来るのでしょうか?
引き続き、調べてみました。

まず、家電量販店の場合は店舗へ出向かないと解約手続きが行えません。
そのため、違約金を支払わないで契約期間中に解約をする方法はありません。

また、プロバイダでも契約の際にクレジットカードの情報を登録しますので、
そこから自動的に拭き落とされます。プロバイダでも違約金なしで契約
期間中に解約することはできないのです。

違約金を支払わずに解約するには、契約更新月に解約をする以外ありません。

■契約期間中に解約をする理由は?

  • 通信環境が悪いことが最も多い解約理由
  • 通信が高速で安定しやすいモバイルwifiはLTE

契約期間中であると高額な違約金がかかってしまうヤマダ電気のWIMAX。
WIMAXは契約期間中に解約を希望するユーザーがよくいます。

ですが、そもそも契約期間中に解約をしたいと思う原因がなければ、契約
更新月での解約になるはずです。

WIMAXが契約期間中に解約したいと思いユーザーが多いのは、どうして
なのでしょうか?調査してみました。

WIMAXの周波数帯域は2.5GHzと高い数値です。この高い周波数帯域で
通信を行っている電波は直進性が高く障害物である建物や木などに
ぶつかり途切れてしまいます。

そのため、通信エリア内であるにもかかわらず、繋がりにくい、もしくは
繋がらないという口コミが多いのです。

通信環境が悪くてはモバイルwifiルーターとしての機能を発揮できません
ので、契約期間中での解約に不向きるのです。

つまり、通信が途切れにくいモバイルwifiルーターであれば、契約期間中
に解約をする必要はありません。

通信が端末まで届きやすく安定しやすいモバイルwifiルーターはLTEです。

■ヤフーwifiはLTEだけど月間無制限で通信できる!

  • LTEは通信回線の品質確保のため、基本的に7GBまでしか通信できない
  • ヤフーwifiは月間無制限で利用可能

調べてみると、LTEは高速で安定した通信をすることが出来ます。
その理由は、数は数帯域の数値になります。

WIMAXは2.5GHzという高い数値ですが、LTEはワイモバイルですと
1.7GHzなどWIMAXほど高くない数値となっています。

これにより、直進性が高くなくなり柔軟に電波が曲がりくねって、端末
まで届くようになるのです。建物や木などの障害物があってもそれを
よけて進むので、通信は途切れにくく安定性がますます。

モバイルwifiルーターを固定回線代わりに使いたい場合は、LTEのほうが
よいでしょう。ヤフーwifiは月間の通信量が無制限です。

■モバイルwifiルーターは返品や返金も対応してくれない

モバイルwifiルーターは返品や返金に対応してくれません。自宅でも通信
できるかどうか事前にしっかりチェックをしてから契約を行ってください。

レンタルをして実際に試してみるのは最も確実な方法です。

■日割りはある?いつ解約するのがお得?

  • 1DAYプランなら解約金も登録料も不要
  • 最低利用期間がある場合は契約更新月の解約がお得

ヤマダ電機のWIMAXについて調べてみると、「YAMADA 1DAY」
という日額572円で使い放題の料金プランがあります。

こちらの「YAMADA 1DAY」は登録料も通信料も解約料も無料です。
もし、契約した翌日に解約をしたとしても1日分の料金を支払うだけで
済みます。

すぐに解約する可能性が高い人には、ちょうどよい料金プランなのですが、
実は日額572円という料金が割高なのです。

1ヶ月間を30日とすると日額572円の「YAMADA 1DAY」は月に17,160円
の料金がかかってしまうのです。

他の料金プラン「YAMADA Flat プラス」ですと月額3,696円ですので、
4倍以上の料金がかかる計算になります。

「YAMADA Flat プラス」を1ヶ月で解約した場合は、以下の料金がかかります。

登録料 3,000円
月額 3,696円
契約解除料 9,500円

合計 16,196円

つまり、「YAMADA Flat プラス」を1ヶ月間利用して解約する場合のほうが、
「YAMADA 1DAY」を1ヶ月間利用して解約するよりもお得なのです。

1~2週間でしたら、「YAMADA 1DAY」の方がお得になります。
しかし、WIMAXの端末をレンタルしてくれる業者もあり1日450円、
1ヶ月で6,750円という料金ですので、そちらの方がお得です。

もっともお得に解約するには最低利用期間が過ぎて契約更新月に
なるのを待つしかありません。

■再契約する時にキャンペーンは受けられる?

  • 同じプロバイダで以前キャッシュバックを受けたことがある場合は不可
  • おなじWIMAX でも違うプロバイダならOK

一度WIMAXを解約して同じプロバイダで再契約をする場合は、キャッシュ
バックをはじめとするキャンペーンの対象にはなりません。

しかし、調べてみると、違うプロバイダであれば同じWIMAXでもキャンペーン
の対象となります。WIMAXは通信回線や利用料金がどのプロバイダでも
ほとんど差がありませんので、違うプロバイダへ乗り換えをしましょう。

また、契約期間中の解約を防ぐために、乗り換えるのは最低利用期間
使い続けられるものを選ぶようにしてください。

■最低利用期間の間、使い続けられるルーターを選びましょう!

  • 良いルーターの条件は通信が安定すること
  • 良い通信環境に必要なのは速度ではなく安定性

最低利用期間中に解約をすることになると、解約金がかかり、店舗へ
出向く手間もかかり、とても面倒な思いをします。

ですので、契約前に最低利用期間2年間、使い続けられるかどうかを
じっくり考えてから契約をしましょう。

良いモバイルwifiルーターの条件について調べてみると、通信が安定し
やすいことが最も重要であることが分かりました。通信には実は速度
よりも安定性の方が大切なのです。

全てのインターネットサービスを利用するには5Mbpsの速度があれば
十分足りると言われています。

ですが、通信の安定性は50ms以下でないと快適に通信できません。
WIMAXは基本的に100ms前後であることが多く、LTEというWIMAX
以外のモバイルwifiルーターでは30ms~50msと利用的な数値が
出ています。

良い通信環境に向いているのはWIMAXではなく、LTEなのです。

■LTEのヤフーwifiはキャンペーンで月間無制限

  • ヤフーwifiは月間無制限で利用できる!
  • 3日間で1GBという制限はヘビーユーザー対策

LTEは基本的に月間7GBという通信量の制限があるのですが、ヤフーwifi
は月間の通信量の制限がありません。

今だけのキャンペーンで契約会から2年間は月間無制限で通信が出来ます。
しかし、3日間で1GBという通信料の制限はありますので、事実上、月間
約10GBの通信までとなります。

3日間で1GBの制限は帯域制御の運用に関するガイドラインに基づくもの
ですので、しっかり守りましょう。

■故障に関してはメーカー側も対応してくれる

  • 契約から1年間はメーカー保証があります!

モバイルwifiルーターには契約から1年間は無料で端末の故障などに対応
してくれる保証があります。調べてみるとこれはメーカー側の保証でプロバイダ
側の保証には月額300円前後の料金が発生します。

1年目は不要で2年目から必要となるのですが、契約時しか加入でき
ない仕組みになっているので、物をなくしたり壊したりしやすい人は加入
しておいた方が良いでしょう。

いままでスマホを故障させたことがない人は、メーカー側の無料保証で
十分だと思います。このようにオプションは必要性を吟味して加入してください。

また、キャンペーンの特典などの受け取り時期も確認をしてから、
契約をするようにしましょう。

WIMAXは契約から半年以上たってからキャッシュバックを受け取れます。
ヤフーwifiは自動的に契約の翌翌月に得点を受け取れます。


WIMAXが不安定。

モバイル回線はどれを選んだら正解?

イラスト




モバイル回線、最近人気ですよね。

主流はWIMAXとLTEのモバイルルーターです。

WIMAXの電波は直進性なので、部屋の中やビルが密集しているところでは障害物に邪魔されて繋がりにくいです。

一方LTEはスマホの電波と同じで、障害物があっても回り込んで遠くまで届きます。
そのため部屋の中や外でもつながりやすいのです。


WIMAX、LTEどちらにすべきか?
どちらを選ぶかは生活スタイルによりますが、部屋の中でメインで使うなら

間違いなくLTEですね。


またカバーエリアがWIMAXよりも広いので田舎でも使えるでしょう。
WIMAXのエリアチェックで△判定だった場合もLTEを選んだほうが無難です。





WIMAXもLTEも通信制限があります。

WIMAXの方が3日で3GとLTEよりは制限は緩いですが、3Gを超えると遅くなると言われています。

3日で3Gを超えたときは1Mbps~5Mbps程度速度がでていましたが
WIMAXでオンラインゲームをしていると、途中でラグが発生していました。



でもヤフーWIFIにしたところ以前よりもラグが少なくなったと感じていますので
やはり安定性(電波のつながりやすさ)が重要かなと思っています。




LTEのモバイルルーター(ポケットWIFI)は色々なものがありますが、
基本的にどれも携帯の電波(LTE)を使っているので速度はさほど変わりません。



会社によって何が違うかというと、キャンペーンなどの特典内容ですね。



特にヤフーWIFIは大体的にキャンペーンを打っていて、月額2000円台
から使えます。



これ以上安いモバイルルーターを見たことはないので、コスパ最強のモバイルルーター
と言っていいでしょう。



実際に私も家の固定回線を解約して、こちらのヤフーWIFIとスマホのテザリングで快適にネットをできています。


スマホの速度制限のために7G超えの追加料金を払う必要も無くなりましたので節約になっています。



 安定性とコスパ重視ならならLTE回線のヤフーWIFI






>>月額2000円台で使えるWifiとは?








 光並みの爆速回線ならWIMAX

ヤフーWIFIと少し高いくらいの料金で、ほぼ制限なく使える回線です。