メールアドレスがもらえるWIMAXのプロバイダはどこですか?

■メールアドレスがもらえるWIMAXのプロバイダはどこ?

  • メールアドレスがもらえるプロバイダは3つ!
  • もっともメールアドレスが多いのはとくとくBB

モバイルwifiルーターによっては契約をするとメールアドレスがもらえる
のですが、WIMAXのように同じ回線でもプロバイダによってもらえるか
どうかは違う場合があります。

WIMAXのプロバイダでメールアドレスをもらえのは、GMOとくとくBB、
BIGLOBE、niftyの3社のみでWIMAXの本家であるUQ WIMAXをはじめ
とする他のプロバイダではメールアドレスの提供はありません。

GMOとくとくBB、BIGLOBE WIMAX、nifty、この3つのプロバイダの中で
もっとも多くメールアドレスがもらえるのはどこなのでしょう。
調べてみました。

まず、とくとくBB WIMAXでは基本のメールアドレス1個と、無料で14個の
メールアドレスを利用することがでいます。家族全員で2・3個ずつアドレス
を持つこともできますので、便利ですね。

そして、BIGLOBE WIMAXではベーシックコースに加入するとメールアドレス
を1個使えるようになります。

niftyは1つのメールアドレスを提供してもらえますし、WIMAXを解約後も
nifty会員料金を支払えば利用し続けることができます。

このように、メールアドレスをもらえるWIMAXのプロバイダの中では
とくとくBBがもっとも多い合計15個のメールアドレスを利用できます。

また、BIGLOBE、niftyではデータBOX容量は5GBまでなのに対して
とくとくBBはデータBOX容量は無制限となります。

■フリーメールを使うという方法もあります!

  • フリーメールとは無料で使えるメールサービス
  • 大手の会社のものが安全性が高い

WIMAXの契約で無料でメールアドレスがもらえるのは、とてもお得ですが、
実はメールアドレスを無料で貰う方法は他にもあるのです。

Yahoo!メールやGメールをはじめとするフリーメールなら無料でアドレスを
増やすことが出来ます。

マイクロソフトならHotmailなどもありますが、Hotmailはプラウザー上で
メールを見るウェブメールです。

Yahoo!メールや、gooのフリーメールなどはプラウザーで見るウェブメールと
通常のメールソフトで受信できるPOPメールの両方で見ることが出来るよう
になっています。

フリーメールの最大のメリットはもちろん、無料であることですが、デメリット
はセキュリティーが甘いということです。重要な内容のメールはフリーメール
でしないようにしてください。

また、会社やプロバイダとは別でメールアドレスを持っていれば会社の
メールサーバーがダウンした時に使えますが、文字数や添付ファイルの
データ量に制限があるというデメリットもあります。

■ヤフーwifiなら無制限で通信できる

  • ヤフーメールを使えて月間無制限で通信可能
  • メールボックスの容量が無制限に増量される

月間無制限のモバイルwifiルーターと言えば、WIMAXというイメージかと
思いますが、WIMAX以外にも月間無制限のモバイルwifiルーターはあります。

ヤフーwifiはLTE対応ですが、305ZTという端末に限りキャンペーンで
月間の通信量を無制限にしています。

また、ヤフープレミアム会員になることが条件なのですが、ヤフープレミアム
会員になると無料メールが使える他、メールBOXの容量が無制限になり、
ヤフーBOXに保存できるメールの容量も増えます。

通常のヤフーBOXは5GBまでの容量なのですが、プレミアム会員の場合は、
10倍の50GBまで利用することが出来るのです。

月額3,696円で利用できる端末・305ZTに乗り換えてみてもいいかも
しれません。

■3日間で1GBという通信制限はどれくらいで達するのか

  • 1GBの目安は超高画質動画 約4.7時間分

ヤフーwifiには月間の制限がありません。しかし3日間で1GBという通信
制限はあります。これは帯域制御の運用に関するガイドラインに基づいた
もので、通信回線の品質確保のための制限です。

この1GBという通信料の目安は以下のとおりです。

メール 約267万通
通常サイト 約2168ページ
超高画質動画 約4.7時間
音楽のダウンロード 約255曲

つまり、1日に換算すると1時間くらいネットサーフィンをして、1時間くらい
超高画質動画を見て、SNSを更新したり、アプリをダウンロードしたりと
通常の通信量の範囲でインターネットを利用していれば問題なく使えます。

通常のインターネットのユーザーは制限の対象とならないように余裕を
持って課せられている制限なのです。

■セキュリティをしっかり設けましょう

  • メールアドレスを増やすとそれだけ迷惑メールが来る確率が上がる

メールアドレスを増やすことで、仕事のメールとプライベートのメールアドレス
を分けることが出来たり、用途に合わせて使い分けたりすることが出来ます。

しかし、メールアドレスを所有している数が増えればそれだけ、危険も
増すということを頭に入れておきましょう。迷惑メールなどの対策のため
に、パソコンのウイルス・ソフトを有効にしたり事前にセキュリティを強化
しておくとトラブルが起きません。

■フリーメールと有料メールのメリット・デメリット

  • フリーメールのメリット・デメリット
  • 有料メールのメリット・デメリット

私たちの生活にとって、なくてはならない存在のメールサービス。
メールアドレスを複数所有していることも当たり前になって来ました。

WIMAXのようにモバイルwifiルーターを契約するとメールアドレスが
もらえたり、光回線のように契約するとメールアドレスがもらえたりと、
通信サービスを契約するとメールアドレスがもらえる場合も多くあります。

また、ヤフーメールやGメールなどのフリーメールなどもあり、さまざまな
場所でメールアドレスが取得できるようになっていますが、このフリー
メールのメリット・デメリットはなんなのでしょうか?

調べてみた結果がコチラです。

フリーメール メリット

  • 迷惑メールがパソコンを圧迫したり、ウイルスメールの感染の恐れがなくなる
  • Gメールやヤフーメールはサイト上でウイルススキャンを行ってくれる

フリーメールのデメリット

  • 届いたメールを保存するサーバーのセキュリティが緩い
  • 誰でも所得出来るので信用性が低くなる

一方の有料メールのメリット・デメリットはなんなのでしょうか?
みていきましょう。

有料メールのメリット

  • 通信の安定性を示す値ping値が30ms以下の国内サーバーが多い
  • 有料のメールアドレスは社会的信頼が高い

有料メールのデメリット

  • メールアドレスの維持費が高いこと

このように、フリーメールは誰でも簡単に無料で所得出来る分、信頼性は
低くセキュリティも緩いのです。有料メールは通信が安定していて、信頼性
も高い反面、メールアドレスの維持費が高いというデメリットがあります。

■フリーメールと有料メールの一覧

  • フリーメール一覧
  • 有料メール一覧

では、フリーメールと有料メールのメリット・デメリットが分かったところで
フリーメールと有料メール、それぞれの一覧を紹介いたします。

フリーメール一覧

Yahoo!メール
Gmail
Exciteメール
AOIメール
BIGLOBEメール
Zohoメール
ZENNOコム
Smoug Mail

有料メール一覧

nifty
朝日ネット
OCN

このようにフリーメールアドレスの方が大幅に数が多いことが分かりました。
nifty、朝日ネット、OCNはフレッツ光のプロバイダとしても人気の会社
ですので、信頼度が高くセキュリティも万全です。

■信頼度の高いフリーメールの方がよい

  • フリーメールでも知名度のある会社ならセキュリティもしっかりしている
  • 無料なので維持費の心配がない

フリーメールか有料メールか、どちらかでとても迷うかと思いますが、
迷った場合はフリーメールが良いでしょう。しかし、フリーメールなら
どこの会社でも良いというわけではありません。

Yahoo!メールやGメールなどの知名度の高いメールサービスを利用する
ようにしてください。有料のメールアドレスは維持費もかかりますので、
お金の心配がなくセキュリティも万全なフリーメールを選ぶようにしましょう。

フリーメールはプラウザでメールを見れるタイプとプラウザでもメールソフト
でも見られるタイプがありますが、両方で見られた方が便利です。Yahoo!
メールやGメールは両方でみられるタイプなので、経済的で安全で利便性
も高いですよ。

■ヤフープレミアム会員になると無制限の容量BOXが利用できる

  • 通常10GBまでのメールBOXが無制限で利用できる
  • ヤフーBOXに50GBまで添付ファイルを保存できる

調べてみると、ヤフープラミアム会員に登録すると通常は10GBまでの
メールBOXが無制限で利用できるようになります。大切なメールは出来る
限り保存しておきたい場合にピッタリです。

また、受信したメールに添付されていたファイルは通常は5GBまでのところ、
ヤフープレミアム会員になると50GBまで利用することが出来るのです。

■ヤフーwifiは月間の通信制限なしで使えるモバイルwifiルーター

  • ヤフーwifiはLTE対応のモバイルwifiルーター
  • 3日間で1GBの通信制限はあります

ヤフーwifiは、月間の通信量の制限がなく気兼ねなくインターネットを利用
することが出来ます。しかし、通信回線の品質確保のために、3日間で1GB
という通信制限は残ります。

この制限を守れば後は自由に通信することが出来るのです。他のLTE対応
のモバイルwifiルーターは月間7GBという通信制限があります。

ヤフーwifiは3日間で1GBですので、月間10GBも通信をすることが出来る
のです。この数値がかなり余裕を持ってインターネットに繋がれる通信量です。

ヤフープレミアム会員になると月額3,696円で利用できます。無料の
メールアドレスがヤフープレミアム会員になるとついてくるので、この
機会にモバイルwifiルーターの乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか?

端末の保証はWIMAXの場合、入ったほうがいいでしょうか?

■broad WIMAXの端末保証サポートは入るべき?

  • broad WIMAXの端末保証サポートの必要性
  • auショップに持っていけば1年間は無料で修理してくれる

モバイルwifiルーターは今や固定回線にとってかわる新しいメイン回線
として急速に普及しています。

家の中でも外でも手軽にインターネットに繋がれることが最大の魅力
ですが、使用中に不注意で壊してしまったりするユーザーも多くいます。

そんな時に助かるのがそれぞれのプロバイダのオプション・端末保証です。
broad WIMAXの端末安心サポートなら、このような内容です。

「broad WIMAX 端末安心サポート」 月額300円

取扱説明書通りに正しく使用していて機器が破損した場合、無料で修理
してくれるサービスです。

このように、端末安心サポートを提供しているモバイルwifiルーターの
プロバイダはとても多く、どのプロバイダも同じくらいの月額です。

イザという時に必要なものですが、本当に必要性は高いのでしょうか?
調査してみました。

まず、WIMAXの場合はとくとくGG以外のプロバイダで契約をすると契約
から1年間は無料で端末を修理してくれます。

保証書と端末と一緒に送られてくる案内、2つの書類を故障した端末と
一緒に持っていけば問題なく修理が受けられるのです。

しかし、無償修理を受けられるのは契約から1年間のみです。WIMAXの
端末は最低利用期間が契約から2年間なので後半の1年間は端末
保証サービスが必要となります。

契約から1年間は無料保証があるため、事実上2年目しか必要のない
端末安心サポートですが、毎月300円、2年間で合計7,200円支払います。

もし、故障しなかった場合を考えるとかなりの痛手になるので節約のことを
考えると加入しない方がいいでしょう。

■モバイルルーターが故障した場合の対処法は?

  • サポートセンターに問い合わせをしましょう
  • 端末を故障させないために気をつけること

調べてみると、WIMAXの端末は雑な扱いをしていると、すぐに壊れてしまう
ようです。故障が疑われる場合はサポートセンターに問い合わせをしましょう。

WIMAXの端末が壊れた場合は、このような状況になることがあります。

  • 端末から煙が出た
  • 端末を落としてひびが入った
  • 使用していたら手で触れられないくらいに熱くなった

このような事態になった場合は、すぐに電源を切ってサポートセンターに
連絡しましょう。このような事態になっているにもかかわらず使いづつけて
いると感電や火災の原因になります。注意してください。

そして、普段の生活でモバイルwifiルーターを出来るだけ長持ちさせるため
には落とさないように気を付ける、分解しないなどの他に濡れた手で触らな
いようにすることも大切です。

基本的なことに気を付けていれば、故障する事態にはなりません。

■ヤフーwifiなら端末保証があっても割安

  • 月額3,696円なので端末保証代300円が上乗せされても4,000円前後
  • ヤフーwifiの場合でも端末保証の必要性は低い

LTEに対応しているヤフーwifi305ZTなら月間無制限で通信が出来て、
月額3,696円となります。端末保証代が月額300円ですので、合計
でも月に3,996円で済みます。

WIMAXの「UQ Flat ツープラス ギガ放題」だと月額4,380円ですので
それに端末保証を加えると合計月4,680円かかってしまいます。
無制限で使えて保証を付けても月4,000円以下なのはとてもうれしいですよね。

しかも、ヤフーwifiにも端末のメーカーにより1年間の無料修理保証が
ついているので、必要性はとても低いです。

また、データ通信端末はスマホとは違い電源のオン・オフ以外で触ることは
ありません。そして、外出先ではカバンの中、家では定位置とほとんど
動かすこともないので、落としたりする可能性も低いのです。

ヤフーwifiの場合もWIMAXと同じように端末保証は加入しなくても問題
ないと思います。

■端末の定位置は窓際が通信速度が安定してよい

木造の建物の場合でも鉄筋コンクリートの建物の場合でも、通信は
ガラスの方が良く電波を通します。ですので、モバイルwifiルーターは
窓際を定位置にするようにしてください。

こうするだけで通信速度が上がり、通信が安定しやすくなります。
お金を兼ねずに出来る通信環境の改善法ですし、端末は窓際と
決めておけばどこに置いたか、わすれる心配がありません。

■外出先でもカバンから出さないようにすれば故障する心配がありません

外出先でもモバイルwifiルーターをカバンから出さなければ紛失したり、
故障したりする心配がありません。

モバイルwifiルーターは無線で通信を行うので、障害物などに弱いのですが、
カバンくらいの暑さのものでしたら、問題なく通信をすることが出来ます。

カバンの中で最も良いポジションは側面のポケットです。そこに入れて
おけば通信の妨げにもなりませんし、なくしたり落としたりする心配もありません。

■いざ壊れたらヤフオクで白ロムを買えば解決する?

  • 白ロムとは?
  • 端末が壊れたら白ロムを購入すれば解決

モバイルwifiルーターを利用していて、いざ壊れてしまった場合、
どのようにすればいいのでしょうか?

まず、契約から1年以内であれば端末のメーカー側の無償保証があり、
そちらで対応してくれるので、メーカーに問い合わせをしましょう。

契約から1年以上経過している状態で、モバイルwifiルーターが故障
した場合は、有料での修理となります。

そのため、白ロムを購入する人もいるのですが、そもそも白ロムとは、
どのようなものを言うのでしょうか?調べてみました。

白ロムとは、携帯電話回線の契約情報を端末に直接書き込む方式の
機種に、契約情報が記録されていないもののことを言います。

スマホではSIMカードを抜いて個人情報や契約情報が空っぽになった
状態のもののことを白ロムといいます。

モバイルwifiルーターでは、WIMAXの場合はプロバイダの縛りを受けない
端末のことを言います、端末の型番の末尾に(AT)の文字があれば白ロム
端末である証拠です。

モバイルwifiルーターを使っていて、もし壊れてしまった場合は白ロムの
端末を購入すると、故障した端末の代用品として利用できます。

白ロムの端末で引き続き通信をすることが出来ますし、2年経過して
別のプロバイダへ乗り換える時も、WIMAXからWIMAXへの乗り換えなら
端末を変える必要はありません。

■白ロムの注意点

  • SIMロックされていないかどうか
  • SIMフリーの場合でも周波数帯や通信方式があっていないと使えない

白ロムを購入して使う場合はどのようなポイントに注意をすればいい
のでしょうか?調べてみました。

SIMロックされている場合は、その通信会社でしか契約が出来ません。
乗り換えをする場合は端末を買い替える必要があります。

また、SIMフリーの場合でも通信会社はどこでもOKですが、周波数帯や
通信方式があっていないと利用できません。

モバイルwifiルーターの周波数帯は800MHz、1.5GHz、1.7GHz、
1.9GHz、2.1GHz、2.5GHzの6つの帯域があります。

端末と契約している周波数帯が合っている必要があります。
また、モバイルwifiルーターはWIMAXかLTEの通信方式です。

契約している通信方式と端末の通信方式が合っているか確認をして
から購入をするようにしてください。

■キャンペーンの特典を利用して乗り換えるという方法も!

  • ヤフーwifiならTポイント5,00ポイント・プレゼント
  • 月間無制限で使える

調べてみると、ヤフーwifiに契約をするとTポイント5,000ポイント・プレゼント
というキャンペーンを行っています。

モバイルwifiルーターは2年間の契約期間中に解約をするとなると解約金が
かかってしまうものですが、キャンペーンの得点で取り戻せることがあります。

また、ヤフーwifiは月額3,696円という安い料金で月間無制限ですので、
WIMAXのギガ放題の月額4,380円よりも毎月684円もお得です。

2年間で16,416円の節約になりますので、WIMAXの解約金と同じくらい
の金額になります。WIMAXの解約金は1年目なら19,000円、2年目なら
14,000円それ以降なら9,500円です。その金額が取り戻せます。

ヤフーwifiは稲ならキャンペーンで月間の通信量の制限がありません。
インターネットをヘビーに使う人でも安心です。

■スマホなどを壊した経験がある場合は、端末保証サポートに加入した方がいいかも

  • 今までの自分の通信機器の扱いを踏まえて判断しましょう
  • ヤフーwifiなら2年で10,000円以上利用料が安いから損にならない

端末保証が基本的には必要性の低いサポートだと思います。

しかし、今までにスマホをはじめとする通信機器を何度か壊してしまった
経験がある人、物を壊したりなくしたりしやすい人には加入しておいて方
が良いサポートだと思います。

ヤフーwifiは先ほどもお話ししたように2年間でWIMAXよりも10,000円
以上お得です。

月額300円の端末サポートは2年間で合計7,200円かかりますが、
利用料金で10,000円以上節約できているので、端末が故障しなく
ても損にはなりません。

■サポートに関する「よくある質問」を読んでおきましょう

  • 故障の時に慌てないように事前に情報を確認しておいてください

WIMAXでもLTEでもモバイルwifiルーターのプロバイダの公式サイトには
必ず良くある質問のページがあります。そこに、もし端末が故障した時の
対応が書かれていますので、目を通しておいてください。

また、サポートセンターの電話番号をすぐに確認できるように、スマホに
プロバイダの公式サイトをブックマークしておきましょう。

また、契約時の公式サイトはプリントアウトしておいて、何かトラブルが
あった時のために保管しておいてください。キャンペーンの内容は予告
なしに変更になることがあります。

ブックマークだけでは契約時の情報が手元になくなり困る事態になります
ので、プリントアウトしましょう。