乗り換えするメリット・デメリット。フレッツ光からwimax2の場合は?

■フレッツ光からWIMAX2に乗り換えた場合のメリット・デメリット一覧

  • 乗り換えた場合のメリットは初期費用が安く工事・手続き不要
  • デメリットは通信速度も安定性も落ちてしまうこと

フレッツ光は高速な通信を安定して利用することが出来るので、光回線
の中でもとても人気の高い回線です。

しかし、月額の利用料金が戸建てタイプで月額5,100円~となっており、
年間にして61,200円、2年間で122,400円と通信費がかさみます。

通信費のことを考えてWIMAX2+に乗り換えを検討する人は多いのです。
フレッツ光からWIMAX2+に乗り換えをした場合は、どのようなメリットと
デメリットがあるのでしょうか?

まずは、メリットから見ていきましょう。WIMAX2+に乗り換えた場合のメリット
はこちらです。

  • 端末代が0円、初期費用が3,000円と割安で始められる
  • キャッシュバックで20,000円以上お得だからフレッツ光の解約金もカバー
  • 工事や手続きなど面倒なことがないので手軽
  • 家でも外でも通信をすることができる

では、次はデメリットをみてみましょう。

  • 無線での通信なので、速度が遅くなったり繋がらなかったりする
  • 無制限なのはWIMAXのみでWIMAX2+には制限があるプランもある
  • 建物によっては繋がらないので使い物にならない

このように、手軽に安く始めることが出来るWIMAX2+ですが、通信が
不安定になりやすく、場合によっては繋がらないこともあるのです。

では、WIMAX2+以外のモバイルwifiルーターはどうでしょうか?

■WIMAX2+以外のLTEは繋がりやすい

  • 電波が曲がりやすく安定して室内まで届く
  • 契約の簡単さ・初期費用などは同じ

WIMAX2+以外のモバイルwifiルーター、LTEは周波数帯が高くないので、
通信が曲がりやすく室内の奥までスムーズに電波を届けることが出来ます。

WIMAX2+のように通信が出来ない状態になりにくく、無線でも安定した
速度でインターネットに繋がれるのです。

プロバイダの公式サイトから申し込みをすれば早ければ翌日に端末が
届きます。端末代が0円、初期費用は3,000円と手軽なのはWIMAX2+と
同じですね。

WIMAX2+とメリットが同じでデメリットが少ないとなれば、LTEの方がフレッツ
光からの乗り換えに向いているのではないでしょうか?

■実際にフレッツ光からLTEのモバイルwifiルーターに乗り換えた口コミ

  • 家の外でインターネットをする目的がなくてもお得
  • 邪魔でややこしかった配線がなくなりスッキリした

調べてみると、少し前の記事ですが、フレッツ光からLTEのモバイルwifi
ルーターへ乗り換えをしたユーザーの口コミがありました。

家の外でインターネットを利用する訳ではないけど、フレッツ光の利用
料金とプロバイダ料金を節約したくてLTEのモバイルwifiルーターへ
乗り換えをしたそうです。

無線での通信ですが、数年前で下り約15Mbps、上り約2.3Mbps出て、
YOUTUBEなどの動画再生も以前と変わらない速度で読み込み、
メールやSNSも問題ないそうです。

オンラインゲームやダウンロードをしない人にとっては、光回線とほとんど
変わらない使用感なのです。またSkypeも大丈夫ですよ。

そして、フレッツ光からLTEのモバイルwifiルーターに乗り換えて一番
よかったポイントはごちゃごちゃしていて、邪魔だった配線がすっきりした
ことだそうです。

■今ならキャンペーンで月間無制限なヤフーwifi

  • 契約から2年間は月間無制限で通信できる
  • 3種類のエリアを使えて繋がりやすい

LTEのモバイルwifiルーターは月間7GBという通信制限があるのですが、
ヤフーwifiはキャンペーンで契約から2年間は無制限で使うことが出来ます。

高速で安定した通信をWIMAXのように無制限で使えるのでとてもお得
なのですが、3日間で1GBという通信制限はあります。

しかし、1ヶ月間を30日とすると月間で10GBも利用できることになり、
月間7GBの通信制限がある他のLTEモバイルwifiルーターよりも3GB
も余裕のある通信環境が手に入るのです。

また、ヤフーwifiは ワイモバイルの通信エリアとソフトバンクの2種類の
通信エリアを使えるので、繋がらない状態にほとんどなりません。

■契約をしたときの公式サイトはプリントアウトしておきましょう!

  • キャンペーン内容は告知なしに変わることがあるので備えておいてください

ヤフーwifiなどのモバイルwifiルーターの契約時のキャンペーンはユーザー
に告知なしで変更になることが良くあります。そうなった時に混乱しない
ように、契約をしたときの公式サイトをプリントアウトしておいて保管して
おきましょう。

また、特典をもらえるタイミングなどが明記されているページもプリント
しておいて、しっかり特典がもらえたかどうかを確認しましょう。

また、キャンペーン内容などが変更されていないか公式サイトを
定期的にチェックしましょう。

■ビッグカメラでやっているWIMAXのキャンペーンのデメリット

  • キャンペーンが適応されるにはWIMAXモジュール搭載のパソコン購入が必要
  • 端末1円~やキャッシュバックはプロバイダでも行われている

調べてみると、ビッグカメラのWIMAX契約キャンペーンはWIMAXモジュール
搭載のパソコンを購入することが条件となっています。

ですので、パソコンの購入を考えていない方にとっては余計なパソコンを
購入しなければならなくなり、キャッシュバックなどがあってもマイナスと
なります。

また、WIMAXの通信端末が1円~、5,000円のキャッシュバック、そして初期
費用が通常3,150円のところ無料、2ヶ月間月額利用料金3,880円が無料
となるなど一見お得なキャンペーン内容ですが、実はカラクリがあるのです。

まず、WIMAXの通信端末はプロバイダの公式サイトでの契約なら0円が
基本です。1円~はお得ではありません。

そして、キャッシュバックもプロバイダ・とくとくBBの公式サイトでは
2,4590円のキャッシュバックが用意されているのに対して、
ビッグカメラは5,000円。キャッシュバックの金額も少ないのです。

また、初期費用の3,150円が無料で2ヶ月間月額利用料が無料なのも、
端末代、通信補助機器のクレードル代、初期費用の3,150円、基本利用
料初月無料というキャンペーンを行っているとくとくBBの方が遥かにお得です。

また、基本的にWIMAXの利用料金は月間の7GBという制限があるプラン
では月額3,609円なのです。

ビッグカメラの月額は3,880円ですので、毎月271円上乗せしているのです。
最低利用期間2年間で6,504円の上乗せですので、5,000円のキャッシュ
バック以上の返りがビッグカメラ側にあることになります。

つまり、ビッグカメラのWIMAX契約キャンペーンはパソコンの購入予定が
ある人でも、2年間の総合でみると、お得ではないのです。

パソコン購入予定がある場合は、WIMAXを契約するならとくとくBBで
24,590円でキャッシュバックを受けてそのお金で好きなパソコンを
購入するようにしましょう。

■家電量販店のキャッシュバックでは月額が高くなる理由

  • キャッシュバックの分のお金を取り戻すため
  • 店舗の維持費や人件費がかかるためキャッシュバックが難しい

家電量販店ではキャッシュバックがあると毎月の利用料金が高くなります。
それはキャッシュバックで契約者に支払ったお金を家電量販店が回収
するためです。

また、調べた結果、家電量販店は店舗の維持費や人件費などの経費が
かかります。そのため、思い切ったキャッシュバックなどは難しいのです。
一方のWIMAXのプロバイダは店舗がないので、限られた経費などの
人件費しかかからないのです。

そのため、思い切ったキャッシュバックなどが出来る上に、端末代も0円や
1円が基本となっているのです。家電量販店には高額キャッシュバックが
出来る余裕がないというのが、毎月の利用料金が高くなる理由なのです。

■LTEには業界最安値級の通信端末があります!

  • LTEには業界最安値級の月額2,743円のプランがある
  • 無制限の端末305ZTは月額3,696円

LTE対応モバイルwifiルーター・ヤフーwifiの303HWは月額2,743円
と業界最安値級の利用料金です。

テレビチューナーを搭載しているので、タブレットなどで外出先でテレビを
見ることが出来、とても便利です。

端末代は0円で初期費用は3,000円、15時までに申し込みをすれば
翌日に届く場合もあります。

そして、ヤフーwifiにはもう一つのモバイルwifiルーターがあります。
305ZTという端末で、通常LTEにはある月間7GBの通信制限がありません。

月額3,696円で端末代0円、初期費用3,000円で2年間無制限で使えます。
通信エリアが広く電波も安定しやすいので、WIMAXよりも繋がりやすいのが
特徴です。

■LTEが繋がりやすい理由

  • キャリアアグリケ―ションで通信をするため
  • 周波数帯が低いため

LTEはキャリアアグリケ―ションと呼ばれる2種類の電波を同時に飛ばす
方法で通信を行います。それにより、1つのデータを2つに分割して飛ばす
ので、1種類の電波で飛ばすよりも高速になります。

また、2種類同時ですので、片方が通信できなくてももう片方で通信する
ことが出来ます。これにより、繋がりやすく途切れにくい電波となるのです。

LTEは高速で安定して通信を行うことが出来ます。また、周波数帯が低く、
電波が建物に回り込む性質があるので、通信がとてもスムーズです。

■最大通信速度は参考程度に考えましょう!

  • 理想的な環境があって初めて出るのが最大速度

モバイルwifiルーターの記事を読んでいると、最大値の速度についての
記述がでてきます。

実は最大の速度というのは基地局が近いことや、電波を遮るものが何も
ないことなど、様々な条件を満たしていないと出ないものなのです。

最大値が速いからと言って、実際の通信速度が速いとは限りませんので、
最大値はあくまで参考程度に考えておきましょう。

モバイルルーターの利点と欠点を知りたい。WIMAXの場合は?

■WIMAXの実行速度はどのくらい?

  • WIMAXのユーザーの口コミ
  • 実際の速度は速い時は40Mbps~60Mbps
  • WIMAXはping値が上がりやすい

モバイルwifiルーターの中でも最大値の通信速度が220Mbps、通信量は
無制限というメリットが魅力であるWIMAX。

しかし、最大値の通信速度というのは通信環境、使用するパソコンの性能、
通信を行う時間などの条件が揃って初めて実現するのです。

最大値の通信速度220Mbpsと実際に使った時の通信速度には大きな
差があります。それは環境やパソコン、時間帯などが通信に適して
いないためです。

WIMAXの実行速度を調べるには実際のユーザーの口コミをみるのが
一番です。ここでは、WIMAXの最新機種「Speed Wi-Fi WX01」のユー
ザーによる口コミをご紹介いたしましょう。

「購入当時は40Mbpsくらいの速度が出ていて快適でしたが、最近になって
1Mbpsも通信速度が出なくなりました。違約金を払って解約をすることを検討
しています。初代からずっとWIMAXを使っていて初めてのことです」

「3日間で3GB以上WIMAX2+とau 4G LTEを使うと通信制御がかかるので、
完全に無制限とは言えないです。ノーリミテットモードがない端末はやめた
方がいいです」

このように口コミを見てわかる通り、満足のいく環境と答えているユーザーが
少ない印象を受けました。WIMAXは現在はWIMAX2+がメインの回線となって
いるので通信速度は40Mbps~60Mbpsは出ます。

しかし、電波が途切れやすい性質なのでWIMAXに向いていない環境だと
通信が途切れ途切れになってしまいます。

通信の安定性を表すping値は100msを超えると不安定になり、50ms以下
だと安定します。WIMAXの場合は100msを超えることが良くあるので安定性
に欠けるモバイルwifiルーターであることがうかがえます。

これは、電波が曲がりにくい性質のため、建物の外壁などにぶつかって
通信が止まってしまうことが原因です。

安定した通信をするには電波が曲がりやすいモバイルwifiルーターを
使いましょう。

■地方でWIMAXの実際の速度は?

  • WIMAXを地方で使うと通信が遅くなる
  • 中にはWIMAX2+の通信エリアに入っていない地域も!

では、WIMAXを都市部ではなく地方で使った場合はどうなるのでしょうか?
茨城県水戸市でWIMAXによる通信を行ったユーザーの口コミでは、
下り約45Mbps、上り約2.6Mbpsとなっています。

これはWIMAX、WIMAX2+、au 4G LTEの3つの通信モードが利用できる
HWD15での通信速度です。このユーザーによると、通信が途切れること
がほとんどなく岐阜県へ旅行に行った際も、WIMAXのノーリミテットモード
で安定した通信が出来たそうです。

また、WIMAXは通信エリアに入っていない地域もありますので、地方で
WIMAXを契約する場合はまず通信エリアの確認をしてから購入しましょう。

■エリアが広く安定した通信が出来るのはLTE

  • 2種類の電波で通信するLTEは安定しやすく繋がりやすい
  • 月間の通信制限がないLTEのモバイルwifiルーター

WIMAXは電波が曲がりにくく、建物などにぶつかって通信が途切れやすい
特徴があります。これでは、室内での通信に向かず、家の中でスマホで
ネットサーフィンをしたくても出来ない、LINEやメールのやり取りなどを
使用としても繋がらないという事態が起きてしまいます。

しかし、LTEは2種類の電波で同時に通信をするので、室内でも繋がり
やすく、また外でも同じように安定した通信をすることが出来るのです。

1種類の電波で通信を行うよりも2種類の電波で通信を行った方が通信が
安定します。その理由はどちらか片方の電波が届かなかった場合でも
もう一方の電波が通信を届けてくれるからです。

LTEは基本的に月間7GBという通信料の制限があります。しかし、ヤフーwifi
は今ならキャンペーンで月間の通信量の制限がありません。

■ヤフーwifiには2つの料金プランがある

  • 月間の通信制限がない305ZT
  • 業界最安値級月額2,743円の303HW

LTEでも月間の通信量の制限がないモバイルwifiルーターはあります。
305ZTという端末なのですが、ヤフーwifiには業界最安値級の303HW
という端末もあります。

「305ZT」 月額3,696円 初期費用3,000円

キャリアアグリケ―ションという2種類の電波を同時に通信することで
高速で安定した通信が出来る仕組みになっています。

ヤフープレミアム会員に加入すれば月額3,696円となります。
月間は無制限ですが、3日間で1GBという制限があります。

「303HW」 月額2,743円 初期費用3,000円

こちらの料金プランは月間7GBという制限がありますが、業界最安値級の
月額2,743円という料金で利用することが出来ます。また、テレビチューナー
もついているので、タブレットでテレビを観たりすることも出来ます。

■通信制限がかかるとどれくらい使えなくなる?

通信制限がかかると最大で220Mbps出るWIMAXも高速で安定した
通信が出来るLTEも128kbpsという通信速度まで落ちてしまいます。

これはどれくらいのインターネットサービスが利用できる速度なのでしょう?

まず、メールやLINEなどは通常と変わらなく利用できます。しかし、サイトを
開くのに時間がかかるので、ネットサーフィンには向きません。また、動画
サイトやダウンロードなども利用できなくなります。

無制限のモバイルwifiルーターであればこのような心配はありません。

■無制限が売りのWIMAX。本当に制限なし?

  • au 4G LTEの通信モードには月間7GBの制限あり
  • WIMAX2+とau 4G LTEの合計が3日間で3GBになると制限がかかる

WIMAXは無制限で通信できるのが最大の魅力です。他のモバイルwifi
ルーターは月間7GBという通信制限を設けている場合がほとんどです。

インターネットを1日中使っている場合は、通信制限があると不便を
感じますので、無制限のWIMAXはとても助かりますよね。

しかし、WIMAXにはau 4G LTEに対応している通信端末があります。
このau 4G LTEには通信量の制限があるのでau 4G LTEモードで
月間7GBの通信量を超えないようにしてください。

また、ay 4G LTEで月間7GBを超えてしまった場合、「UQ Flat ツープラス
ギガ放題」でもWIMAX2+の月間の制限がかかるようになります。

また、WIMAX2+とau 4G LTEの通信量が前日までの直近3日間で3GBを
超えるとWIMAX2+もau 4G LTEも通信を制限することがあります。

しかし、WIMAXのノーリミテットモードは通信制限がかかりません。

また、「UQ Flat ツープラス」では当月のWIMAX2+とau 4G LTEの
通信量が合計7GBを超えた場合に当月末まで通信速度を最大で
128kbpsまで落ちます。

また、こちらのプランでもWIMAX2+とau 4G LTEの合計の通信量が前日まで
の直近3日間で3GBを超えたら制限がかかります。

つまり、「UQ Flat ツープラス ギガ放題」では3日間で3GBの制限が、
「UQ Flat ツープラス」では3日間で3GBと月間7GBという制限がかかります。

すべての通信モードで完全に無制限というわけではないのですが、WIMAX
の通信モード・ノーリミテットモードは無制限ですので、通信制限がかかって
通信が困難になることはありません。

■WIMAXの電波が欠点になる場合

  • 鉄筋コンクリートは網目の構造が原因でWIMAXの電波を通さない
  • 高層ビルなども上から下へ電波を飛ばすので繋がりにくい

調べた結果、WIMAXの電波は鉄筋コンクリートのようななかに網目状に
電波を通さない素材が使われている建物は苦手です。

ですので、鉄筋コンクリートの建物では通信が途切れやすくなり、WIMAXの
電波が欠点になることが多いです。

WIMAXの電波は木造などの方が通信が届きやすいのです。
また、基地局から発信されたWIMAXの電波は上から下へと進んでいきます。

基地局の高さはマンションの5階~8階くらいの高さですので、10階までが
最も通信が届きやすくそれ以上の階では階数が上がれば上がるほど、
電波が届きにくくなります。

■WIMAXとLTE、それぞれの電波の特徴

  • 突っ切って進むWIMAXの電波
  • 回り込んで進むLTEの電波
  • LTEの方が様々な状況で繋がりやすい

WIMAXとLTE、2種類あるモバイルwifiルーターですが調べてみると、
それぞれの電波には大きな違いがあったのです。

まず、WIMAXの電波は周波数が高いので突っ切って進む特性があります。
建物などがあっても回り込んで進むということが出来ません。

ですので、建物の壁にぶつかってしまい、通信が途切れてしまうのです。
一方のLTEの電波は柔軟に曲がったり、入り込んだりすることが出来る
特徴があります。

建物の中や入り組んだ場所でもスムーズに電波を届けることが出来る
のです。WIMAXの方がLTEよりも高速ですが、どれだけ高速でも通信が
途中で途切れてしまっては意味がありません。

LTEのように高速で繋がりやすいモバイルwifiルーターを選びましょう。

■無制限で使えるLTEのモバイルwifiルーターは?

  • ヤフーwifiの305ZTは月間無制限で2年間使える
  • Tポイント5,000ポイントのプレゼントが特典

調べてみると、ヤフーwifiは月間無制限で利用することが出来ます。
契約から2年間という期限がありますが、その間の通信制限は3日間で
1GBという制限のみです。.

さらに契約時にはTポイントが5,000ポイントプレゼントされます。
端末代は0円で初期費用3,000円、月額3,696円で利用することが
出来るのです。

■モバイルwifiルーターの受信感度を見くするためには?

モバイルwifiルーターは無線でインターネットからの通信を受け、無線で
スマホやパソコンなどの通信機器へ繋がります。ですので、固定回線に
比べて通信が不安定になりやすく電波も途切れやすいのがデメリットです。

これを解消するには窓際に端末を置くことが一番の対策です。