解約をした後に再契約をしたいが、biglobe wimaxでは可能?

■biglobe wimaxを解約後再契約することは可能?

  • 解約をした月に再契約は出来ない
  • WIMAXであれば無料でWIMAX2に乗り換えが出来る

WIMAXの契約更新月に解約をすれば違約金がかかりません。

しかし、調べてみると解約後に再契約することができるのですが、
解約をした月の間は再契約をすることはできません。

解約をした翌月に再契約をするようにしてください。

また、現在利用している端末がWIMAXの場合はWIMAX2+へ無料で
乗り換えをすることができます。

WIMAXからWIMAX2+への乗り換えは契約更新月でなくても契約
解除料・申し込み手数料が一切かかりません。

さらに端末代も無料ですので、とてもお得に乗り換えをすることができます。

このように、biglobe wimaxの再契約を検討していて、利用している端末が
wimaxの場合はお得に乗り換えることが出来ます。

また、契約解約月の場合も違約金はかかりません。
しかし、最低利用期間が2年間もあるので、自分がいつ契約をしたか
忘れてしまっている人も多いですよね。

契約更新月かどうかをしっかりしらべるには、どのようにすればいいの
でしょうか?そのことについて、ご説明いたしましょう。

■違約金がかからない月を調べる方法

  • 会員専用ページで調べる
  • サポートセンターへ問い合わせをしてみる
  • 契約から25か月目が契約更新月

違約金がかからない月を調べるには、公式サイトの会員専用ページを
チェックしてみましょう。また、サポートセンターへ電話での問い合わせも
出来ますので、会員専用ページで見て分からなかった場合は、電話
してみましょう。

また、契約から25か月目が契約更新月ですので自分の手元にある
資料などで契約月をチェックして数えるという調べ方もあります。

そして、再契約をした際はまた契約更新月を忘れることがないように、
手帳やスマホ・パソコンのカレンダーなどに記しておいてください。

■契約更新月以外でお得に再契約する方法はない

  • 契約更新月以外では違約金がどうしてもかかる
  • ヤフーwifiなら月額の利用料が安いので節約になる
  • 3日間で1GBの通信制限がある

調べてみると、モバイルwifiルーターは契約更新月以外ではどうしても
違約金がかかります。違約金はクレジットカードで料金を支払っている
場合、クレジットカードから引き落とされ、口座振替の場合は口座から
引き落とされます。

どうしても支払わなければならないものなのですが、違約金で損をして
しまった場合は、新しいモバイルwifiルーターで取り戻せばいいのです。

LTE対応のヤフーwifiは月額3,696円という安い金額で月間無制限で
通信することが出来ます。端末代は0円、初期費用は3,000円です。

また、特典としてTポイント5,000ポイントをプレゼントいたします。

月間無制限と言っても3日間で1GBという通信制限はあります。
この制限は「帯域制御の運用に関するガイドライン」に基づいたものです。

一部のインターネットを多用するユーザーが通信回線を占領しないために
設けられているので、毎日1時間メールやネットサーフィンをして、1時間
超高画質動画を見ても達することのない通信量です。

一般的なユーザーには問題ない制限なのですが、ヘビーユーザーは
この通信量では足りません。つまり、3日間で1GBというのはヘビー
ユーザーの締め出すのための制限なのです。

■WIMAXのような完全無制限が必要なのは一部のユーザーだけ!

  • WIMAXのノーリミテットモードはメールにも時間がかかるくらいの速度
  • 完全無制限は一般ユーザーには必要ない

先ほども話したように無制限の通信環境は一部のユーザーにしか必要
ありません。

そして、WIMAXのノーリミテットモードを実際に利用している人の口コミでは
メールにも時間がかかるくらい通信速度が遅くほとんど使い物にならない
のだそうです。

月間7GBという通信制限があるモバイルwifiルーターでもヤフーwifiの
ように3日間で1GBの制限があるルーターでも、毎日1時間ずつネット
サーフィンを動画視聴が出来るので、制限のあるなしでルーターを
決めるのはやめましょう。

■時間帯によっても繋がりやすさに差が出る!

  • 平日は午後9時~午後12時くらいがユーザーが増える時間帯
  • 土日は午前中がねらい目!

通信をおこなう時間帯によっても繋がりやすさに差が出てしまいます。
インターネットのユーザーが最も多くなる時間帯は午後9時~午後12時
までの間ですので、その時間帯は避けましょう。

またお昼休みである午後0時~午後1時までの1時間もユーザーは増えます。
通勤中や帰宅後、夕飯前などのちょっとした時間に気になることを調べて
おきましょう。

また、土日は1日中ユーザーが多いのですが午前中は比較的少ないので、
土日にインターネットを利用したい場合は午前中のうちに済ませておいてください。

■残ったルーターは売ったり再利用したりできる?

  • 端末の型名の最後がATならオークションで売れる
  • 再契約の際に使用することも可能
  • 再契約でも乗り換えでも0円で新しい端末が手に入る

WIMAXは解約をした後も端末の返却の必要がありません。
ですので、そのまま手元に残る形になるのですが、有効活用したい
ものですよね。

解約後のWIMAX端末について調べてみると、端末の裏に書かれている
型名の最後が(AT)となっていれば、BIGLOBE WIMAXで契約した
WIMAXでもBIGLOBE以外のプロバイダでも利用できます。

この型名の最後が(AT)になっている端末は白ロムと呼ばれ人気ですので、
ネットオークションなどで販売すれば、すぐに買い手がつくでしょう。

また、(AT)ではなかった場合でもBIGLOBE WIMAXに再契約をした場合、
手元に以前の端末があることをサポートセンターに伝えるとその端末を
利用することが出来ます。

(AT)の端末はBIGLOBE WIMAX以外のプロバイダでも利用できるので、
ふたたび同じ端末を利用したい場合は、サポートセンターへその旨を
伝えてください。

しかし、BIGLOBE WIMAXに再契約でも他のプロバイダへ乗り換えでも
無料で新しい端末が手に入るので、新しいものの方が良いかと思います。

■解約翌月に申し込んでもキャンペーンは適用される?

  • BIGLOBE IDが同一だとキャンペーンは適用されない
  • BIGLOBE IDの変更は一度解約しないとできない

BIGLOBE WIMAXを解約した翌月に再契約をして、それで再び契約時の
キャンペーンは適用されるのでしょうか?

調査してみた結果、BIGLOBE WIMAXに契約をした際、同時に登録した
BIGLOBE会員のIDが同じ場合はキャンペーンが適用されません。

では、BIGLOBE IDの再発行をすればいいのではないか?と思いますよね。
しかし、BIGLOBE登録時に機械的に登録されるのがBIGLOBE IDですので、
個人的な都合で再発行はできません。

また、BIGLOBEは一度解約をして再び登録するには接続コースを利用する
必要があります。接続コースの種類の中にWIMAX2+も含まれますので、
BIGLOBEも解約をして再登録して新しいIDを手に入れればキャンペーンは
適用されます。

■ここまでの手間を本当にかけるほど繋がりやすいか?

  • WIMAXの周波数帯域が高すぎて電波がすぐ途切れる
  • LTEの方が繋がりやすいので快適

BIGLOBE WIMAXはBIGLOBEも解約再登録をすればキャンペーンが
適用されて再契約出来ることが分かりました。

しかし、そもそもWIMAXはそこまで手間をかけて再契約するほど繋がり
やすく使いやすいでしょうか?

WIMAXの繋がりやすさについて調べてみると、WIMAXが使用している
周波数帯域は2.5GHzととても高い数値です。

このくらい高い周波数だと光に近い特性の電波となり、障害物などにぶつ
かって途切れやすくなってしまいます。光並みに高速なので曲がることが
苦手となり、前に障害物があっても突っ切って行こうとしてしまうのです。

モバイルwifiルーターにはWIMAXの他にLTEという電波のものがあるの
ですが、LTEは周波数帯が高くなく、電波が障害物をよけて進みます。

特性で言うと音に近いので、スマホ並みに繋がりやすいのです。周波数
帯域は1.7GHzや2.1GHzなどWIMAXほどの高さの電波ではありません。

WIMAXよりもLTEの方が快適なので、WIMAXの再契約を手間をかけてする
よりもLTEに乗り換えてしまった方が良いかと思います。

■月間無制限で余裕を持って通信が出来る

  • 月間無制限で利用できるLTEはヤフーwifi

WIMAXよりも繋がりやすいLTEは基本的に7GBという通信制限があります。

これはLTE特有の高速で安定した通信を確実にユーザーに利用して
もらえるように、設定されているものなのですが、ヤフーwifiは現在、
キャンペーンで月間の通信量は無制限となっています。

他のLTE対応のモバイルwifiルーターよりも余裕を持って通信できるので、
快適にインターネットと繋がることが出来ます。

■ヤフーwifiは形だけの通信制限がかかり、無料で解除できる仕組み

  • 月間で7GBに到達すると制限がかあり、500MBごとに追加される

ヤフーwifiは月間無制限です。しかしまったく制限がかからないというわけ
ではありません。調べてみると、月間の通信量が7GBに達すると形だけの
制限がかかり、端末本体から申し込みをしてすぐに制限解除してもらえます。

追加通信量は1回の解除に付き500MBですので、制限がかかった以降は
500MBごとに解除が必要となります。

ちなみに500MBとは超高画質動画を1時間くらい観たら達する通信量です。
通常のサイトであれば約2,327ページ利用出来て、メールに至っては
約102,400通利用できます。

インターネットを毎日長時間使う人でも余裕を持って通信できる環境と言えます。
モバイルwifiルーターのような無線通信は安定性を重視したうえで通信量が
多いものを選びましょう。

解約後に再契約をしたい!UQ WIMAXでは可能でしょうか?

■UQ WIMAXを解約後再契約することは可能?

  • 解約後に同じ機種での再契約はできない
  • 一度キャッシュバックを受けるともう一度受けることはできない
  • どのプロバイダでも機種や回線に違いはない

UQ WIMAXを一度解約した後に再契約をすることはできるのでしょうか?
調べてみると、UQ WIMAXの解約後、再契約は可能となっています。

しかし、以前契約をしていた機種と同じ機種での再契約はできません。
違う機種で再契約をするか、別のWIMAXのプロバイダで同じ機種を
契約するようにしましょう。

また、UQ WIMAXを以前契約した時に、キャンペーンでキャッシュバックを
受けた場合は、再契約の際にキャンペーンでキャッシュバックが行われて
いても、受けることが出来ません。

お得にWIMAXをもう一度解約するには、やはり別のプロバイダがよいです。

また、WIMAXは大元のUQ WIMAXの通信機種と通信回線を利用します。
通信機種も通信回線も、どのプロバイダでも同じです。

違うのはキャンペーン内容、オプション料金、解約金などのみですので、
UQ WIMAX以外のプロバイダでもUQ WIMAXと同じように通信できます。

機種を変更することに抵抗がなければUQ WIMAXでもいいのですが、
別のプロバイダにすればキャッシュバックを受けられますので、UQ WIMAX
以外のプロバイダでの契約が良いかと思います。

■UQ WIMAXの月額とbroad WIMAXの月額に差がある理由

  • Broad WIMAXは初期費用が18,857円と高額
  • 月額の安さにまどわされないようにしましょう

WIMAXについて調べを進めてみると、UQ WIMAXでは月間の通信量制限
がない料金プラン「UQ Flat ギガ放題」が月額4,380円であるにもかか
わらず、Broad WIMAXでは月額3,541円とかなり安くなっています。

どうして同じ通信回線を利用していて、同じ月間の通信制限がない料金
プランなのに、プロバイダが違うだけでこんなに料金に差が出るのでしょう。

その理由はBroad WIMAXの初期費用にあります。UQ WIMAXをはじめとする
他のWIMAXのプロバイダは初期費用が3,000円、もしくはキャンペーンで
0円となっています。

しかし、Broad WIMAXは初期費用が18,857円と圧倒的に高額で、しかも
それに事務手数料として3,000円がかかってしまうのです。

つまり、月額の利用料金を下げる代わりに18,857円を初期費用としてもらい、
割引した月額の利用料を取り戻す仕組みなのです。

Broad WIMAXでは契約から最大3ヶ月間、月額2,856円となります。
契約の4ヶ月目から月額3,541円となります。

2年間の合計利用料金 82,929円
初期費用 18,857円
事務手数料 3,000円
合計サポート費用 19,954円
合計費用 124,740円

UQ WIMAXの場合は以下のような費用がかかります。

2年間の合計利用料金 105,120円
初期費用 3,000円
合計サポート費用 12,000円
合計費用 120,120円

このように、月額の利用料金では大幅にお得なBroad WIMAXでも2年間
の合計費用を見てみると、UQ WIMAXより2年で4,000円以上割高なのです。

■2年間の合計利用料金が10万円以下のモバイルwifiルーターはない?

  • LTE対応のヤフーwifiなら2年間合計費用が10年間以下で月間無制限
  • お得で安定しやすいので通信費の節約が快適に出来る

WIMAXはどのプロバイダでも2年間の合計費用が10万円を超してしまいます。
最低利用期間2年間の費用を、10万円以下に抑えられるモバイルwifi
ルーターはないのでしょうか?

調べてみると、ヤフーwifiなら最低利用期間2年間の費用が10万円以下で
済みます。具体的な費用はこちらです。

月々の利用料金の合計 88,704円
ユニバーサル・サービス料の合計 96円
初期費用 3,000円
2年間の合計費用 91,800円

WIMAXよりも3万円近くお得に通信環境を整えることが出来ます。しかも、
ヤフーwifiはLTE通信ですので、高速で安定しやすいというメリットがあります。
快適に通信費を節約するにはヤフーwifiが良いでしょう。

■再契約をするメリットは少ない

一度解約をしたプロバイダで再契約をするよりも、別のプロバイダで契約を
した方がキャッシュバックなどのキャンペーンを受けることが出来るので、
お得です。

解約をして再契約をする手間と火薬をして別のぷらバイダで契約をする手間は
ほとんど同じなので、よりお得なモバイルwfiルーターへ乗り換えましょう。

■契約更新月は手帳に書いておきましょう

契約した月を1ヶ月目として契約から25か月目を契約更新月とするの
ですが、契約から25か月目では忘れてしまいますよね?

そこで、手帳やスマホのカレンダーなどに契約更新月をメモしておいて
ください。こうすることで違約金を支払わないで解約することが出来ます。

■再契約をする際に必要となるものは?

  • 通常の契約と同じクレジットカード情報のみ
  • 特別な手順はないので簡単にできる
  • 解約のタイミングに注意してください

UQ WIMAXを一度解約して再契約する場合、必要となるものはなんなの
でしょう?

調べた結果、通常の契約と同じようにクレジットカードでの支払いの場合は、
クレジットカードの情報入力が必要となりますが、口座振替の場合はクレジット
カードも必要ないので、特別何かを用意する必要はありません。

また、再契約でも通常の契約と同じ申し込みフォームから申し込むことが
出来るので特別な手順を踏む必要もないのです。

再契約には特に必要なものも、気を付けるポイントもありません。
契約時に受けられるキャッシュバックはUQ WIMAXの場合、再契約だと
受けることが出来ないので頭に入れておいてください。

また、WIMAXを解約するタイミングに注意をしてください。契約更新月以外の
月に解約すると高額な違約金を支払うことになるからです。

フレッツ光などの固定回線では2年間の最低利用期間内に解約する場合、
契約からの期間に関係なく違約金が9,500円ですが、UQ WIMAXの場合は、
契約1年目は19,000円、2年目は14,000円、3年目以降は9,500円
とかなり割高になっています。

■本当に再契約がお得なのか考えよう!

  • 再契約ではキャッシュバックが受けられない
  • WIMAX以外にも月間無制限のモバイルwifiルーターはある

調べてみると、WIMAXは再契約ではキャッシュバックが受けられません。
WIMAXなどのモバイルwifiルーターは契約時に高額キャッシュバックが
受けられるのがメリットのひとつです。

そのメリットの一つがなくなってまで、同じプロバイダに契約する意味が
あるのかをしっかり考えましょう。

また、WIMAXは月間無制限で通信できるのがもっとも大きなメリットですが、
WIMAX以外にもお得な料金で月間無制限で利用できるモバイルwifiルーター
はあります。

LTE対応のヤフーwifiは通信回線の品質確保のために3日間で1GBという
通信制限は設けられているのですが、月間は無制限となっています。

ヤフーwifiはワイモバイルとソフトバンク2社の通信エリアが利用できるので
通信エリアもWIMAXよりも広く繋がりやすいという嬉しい特徴があります。

■ヤフーwifiはWIMAXよりも通信が安定しやすい

  • ヤフーwifiの通信方式はキャリアアグリゲーション
  • 無線通信は安定性に欠けるので、安定性の高さは重要

ヤフーwifiは月間無制限で利用できるモバイルwifiルーターです。
高速で繋がりやすく通信エリアが広いことが特徴ですが、繋がり
やすさは通信エリアの広さだけが理由ではないのです。

調べた結果、キャリアアグリゲーションという通信方式を採用している
ため、繋がりやすいことが分かりました。

キャリアアグリゲーションとは、異なる2種類の電波を同時に送受信する
ことで電波強度を上げる通信技術のことです。

これにより、1種類の電波が途切れてしまっても、もう1種類の電波が端末
まで届きます。モバイルwifiルーターのような無線通信は電波の安定性が
低いので、電波強度を高め安定性に優れた通信の方がスムーズに
インターネットに繋がることが出来ます。

WIMAXの通信でもキャリアアグリゲーションは採用されているのですが、
WIMAX2+の電波を2つ同時に送受信しているだけなので、途切れてしまう
条件が同じです。

速度の向上にはなっていますが、電波強度の向上にはなっていません。
このような理由からWIMAXよりもLTE対応のヤフーwifiの方が繋がりやすく
安定しやすいのです。

■通信を行う上では速度よりも安定性の方が重要

  • 高速でも安定しなければ通信は途切れてしまう
  • オンラインゲームの推奨環境は光回線だが安定していれば2Mbpsでできる

通信について調べてみると、通信には速度よりも安定性の方が重要である
ことが分かりました。通信速度は高ければ高いほどいいのですが、高速に
なっていくほどに安定性が低くなっていきます。

それとは逆に、安定性はping値と呼ばれる単位であらわされるのですが、
50ms前後がスムーズに通信できる数値ですので、それ以上の数値だと
不安定になります。ping値は速度と違い低い方が良いのです。

たとえば通信速度が80Mbps出ていたとしても安定性が100msという
高すぎる数値だった場合は通信が途絶えてしまいます。

反対に通信速度が5Mbpsと全てのインターネットサービスを利用できる
ぎりぎりの速度だったとしてもping値が30msならスムーズに通信できるのです。

また、高速な通信環境が必要というイメージの強いオンラインゲームですが、
ping値は30ms~50msであれば通信速度は2Mbpsでもプレイ可能なのです。

LTEのヤフーwifiは平均ping値は50ms、WIMAXは100msです。
安定性の違いは数値でも見て取れます。

■契約前にレンタルして繋がりやすさを確認しましょう

契約前に端末をレンタルして、試してみると、繋がりやすさが良くわかります。
ルーターのレンタル業者は1日400円前後で貸してくれるので、利用して
みましょう。